眼精疲労について

このページは、スマホに対応していません。          

----------------------------眼精疲労-------------------------

       五官の中で目が一番エネルギ-を消耗、視力が悪いと,特に疲れる。

      視力が標準の半分の人は、標準の人の2倍の酸素と血液の供給が必要。

  体の疲れの42%が目の疲れから来る。

    

------眼精疲労の症状------

    

      目がしょぼしょぼする、かすむ、充血、まぶたのけいれん、金曜日に多い。

      テクノストレス:視線移動が多く、肩こり、足、腰のしびれ、いらいら、

      うつ。

      老眼は冬に加速する。首のコリは視力低下の原因。 別稿  ドライアイ参照。

 

------眼精疲労の原因------ 

    

   明暗の差、ギラギラするもの。

     強い照明、発光体(テレビ、パソコン、ゲ-ム)

    カバ-のない蛍光灯の紫外線、点滅照明、海辺)は、目の下方に傷をつくる

        照度の低い状態で目を酷使する生活を続けると、視力低下の原因に。

   

   5月は紫外線が多く眼病が多い。紫外線は組織を破壊、代謝を悪くする。

   姿勢が悪いと血流が悪くなる。ストレス、肩こり、胃の不調、便秘、脳の疲れ  

      、背中の張り、首のコリは、視力低下の原因。 

   怒りや、悲しみ、緊張、乾燥は症状を悪くする

  

   眼精疲労の60%の原因が乾燥。視力低下は老化の原因にもなる。

      湿度は9月~12月にかけて20%下がる。湿度の低い冬に老眼は加速。

      夜型の生活は目を疲れさせ、目を悪くする。

 

  夜10時以降の夜型生活はは視力が急低下する

   疲れた時に見ようと集中するほど目も緊張して機能低下する。

   注意(その時は大丈夫でも、翌日必ず悪くなる)

   夜は副交感神経の働きで自覚しにくい)。

   夜になると涙の基礎分泌が減る、視力も急低下。

   *夜型生活は脳の中の体全体をコントロールする視床下部を疲れさせ

   間違いなく体調を崩す。

   自律神経の乱れは、「体のうつ」状態で視力は低下。

   若いとカバーできるがその習慣は持続して、いつか弊害をもたらす。

   (大人でも就寝は、夜11時までに就寝が基本)。

  

    夜、明るい照明で作業すると、交感神経が緊張して睡眠に悪影響する。

      夜間の部分照明は、眼を疲れさせる、蛍光灯の光は目が疲れやすい。

     照明スタンドはバイオライトなどのチラツキのない器具を選定する。

      照度の低い場所で眼を酷使しない。常に照度を意識する。曇の日注意。


   近くの物を凝視し続けると水晶体の弾力性が落ち、毛様体筋調整能力が

        低下、瞳孔が開いたままになり自律神経の働きが低下して血行障害に肩こり。

    運動不足は、毛様体筋が疲労する。

    頭痛。一点を注視していても眼球は動いている。

   パソコン作業をすると眼球は、激しく動いて疲れる。

   パソコン画面は静電気を発生、ほこりが角膜を傷つける。

      

   編物、新聞、タバコ、アルコ-ル、栄養不足に注意。

   (目の栄養の項、参照)

    

      めがね、コンタクトを強く、矯正しすぎると、疲れやすい。

     眼鏡は、弱い度のほうで見るようにして強い度の方は少しボケるようにする。 

      「視力向上策」参照。


    瞳孔を動かす筋肉が衰えると、まぶしさを感じる。

      人は30代からまぶしさを感じるようになる。

 

     胃腸の調子が悪いと目が疲れる。脳が疲れると目が疲れる。

     左目の疲れはストレス、右目の疲れは過食。

  

   アルコ-ルは、ビタミンB2 を消費して疲れやすくする。

   喫煙は抗ストレス力を低下。

   色の濃いサングラスは瞳孔が開くので疲れやすい。

  

   横向き、うつ伏せ寝は乾燥しやすく、まぶたが薄くなる。

   寝る時は暗い部屋のほうが 近視が進みにくい。

       排気ガス、ビル群、紫外線、乾燥、ほこり等、プラスイオン、静電気の多く、

        発生する場所では目は疲れる。

    曇の日は調子が悪い。マイナスイオン、静電気、乾燥対策をする。

    目薬に頼り過ぎると、眼をわるくする。別項、目薬参照。

  

------眼精疲労の対策------

   

      視力が落ちた時には、血流を良くする事。

      夜、アイマスクを使用して乾燥を防ぐ(夜は涙が出ない)特に冬。

      パソコン操作時は1時間作業をしたら15分休まないと45分でミスが

      増加。

      パソコン画面は視線より35度下に置く、明るすぎないように調整する。

      上を見ると目が乾燥しやすく疲れやすい。

      まばたきをしないと眼は15秒間で酸欠状態に。

      パソコン画面にはフィルタ-をつける、またOA眼鏡を使用する。


      目が疲れると脳も疲れる(脳で見ている)目をつむると脳も休める。

      疲れたと思ったらすぐに目を閉じて休ませると視力が回復する〔1分以上)

  テレビ、新聞を見すぎない。疲れた時は、できるだけテレビ、新聞を見ない。


  紫外線、光、風に注意。

  指圧などで、眼球周辺の血流を良くする事。

  軽い運動をする(毛様体筋の疲労回復)。

      手のひらで顔、頭こすり(両サイド)をする(意外と即効性あり)。

       額を、げんこつで叩く。

 

     息をゆっくりと吐き、軽い体操で心身の緊張を取り血流をよくする。

     1日100回の腹式呼吸で目が良くなる、体にも良い。


     物事の集中した時に凝視しないようにして疲れたら1分以上、目を閉じる。

   視力、脳、肝臓回復効果、まばたきをする。

   1日1回は、遠くを見る(望遠)。

   自然の緑色を15分見ると、目が休まる。

       目を軽く開閉する(目のストレッチ効果)。

       手、腕、首の伸縮のストレッチをする。

    

   タオルを湯で温めて目の上に乗せ5分間、温湿布する(暖めると血行が良く

       なる、暖める効果は実証済み)後で冷やす。

   しょうが湯で温湿布すると効果大。


      耳たぶをもむ、または、引っ張って離す(10回くり返す)朝晩。

      昼は冷やして、夜は暖める。

      視力の弱い人は、目に対する配慮を十分に心がける。


  注意:まぶたの上から眼球をグリグリ、 これは 間違った目のケア。 

      これは危険。網膜剥離を起こしたり、角膜が変形して突出してくる円錐

  角膜などの目の病気を招く可能性があり。 

      また、眼球心臓反射で、目を押すと心臓の脈拍が一時的に遅くなり気分

      が悪くなることもあり。

 

 以上

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^