占いに対する偏見、一般的見解

「はじめに運命ありき」

これを理解できない合理主義者は、運命の落とし穴に落ちる。

運命には、人生には変えられない大きな運気と、避けられない

宿命があるが、運の運び方で、人生も変わってくる。

「運の法則を読む」)

 

 占いに対する偏見、一般的見解

1、流行に従う、「何々が当たる」

「何々が流行している」など(99%の一般大衆)

 

2、統計でしょう!と軽くいなす

(自称、物知り、単なる浅学の者

なんとなく運命というものがある、という理解もできない人、

物事を理屈だけで考える人は、

が悪いという大学での研究が、あります。

 

3、恐れるだけの逃避(女性)

逃れるチャンスを失います!


4、都合のよいものだけを信じ

良い結果が出るまで、毎日カードで占う女性。

最初の答えが正解。

 

5、自分のほしい答えを求めて、占い師をハシゴする⇒(別記)


6、開運も、学習も、
すべて金で解決しようとする

自己努力も、勉強もしない人。

 

7、幻想の世界に依存する、「占い依存症」、

努力しないで運のみに頼る特に女性)

 

8、常に迷う(女性)

 

9、非科学的と知識もなく批判する(知識に偏りのある者)

「量子力学」が運命の研究をしています。

科学的でないという者がいますが、学者でも、科学的とは何か?

は、言えないといっています。(「科学的とは何か」)

フランスや米国では、面接試験に「顔相」が重視されています、信じられ

なくても事実です。(「顔相の科学」)日本では非科学的とみられています、
つまり、日本は偏見にとらわれているという事です。

 

占いは、科学より歴史が古く、人文科学、文化人類学、比較文明論、

哲学、心理学など、あらゆる分野で構成されています。

 
10、全く信じない(狭量、がんこ者

 

11、全く無関心(かわいそうな人)

 

12、人間が作ったものだから、

「当たらなくてもいいではないか」という人は、

何もかも一緒にして、どうせ占いなんだからという探究心の浅い人。

 

13自分に占いの得意領域があると、さも占いの世界を知ってると

錯覚して、やたらと自分の狭い感覚のみで評論する。

自分が素人だという自覚のない者。

以上、全て、間違いです。

 

信じなくても、恐れても、その時は、必ずやってきます、それを

早く知る事が賢明です。

 

恐れたり、避ける人は、潜在的に問題が、表面化するのを

避けている、臆病な人です。

 

当たるも八卦当たらぬも八卦」を当たらないものと言う解釈に

使う人がいますが、最新の量子コンピューターでは、1かゼロかでなく、

両方あるという使い方をします。

 

占いも、占法や占い師によりますが、悪いのは良いの裏返し、良いも同じく、

悪いのが出たから占いは、あてにならないとか嫌いだという解釈は誤りです。

本来は、当たっても当たらなくとも気にするなという意味に使われています、

  

悪いのが出た時に占い師がどのように方向付けるかが腕の見せ所です。

「天気の良い日に何々の方向に行きなさい」というのは、通俗易です。

 

正しい占いなら少なくとも、

 

天気予報や医者の診断くらいは、当たります。

 

天気予報や医者の診断は、外れても科学的だからいいですか?

 

科学的根拠、実証のこと「エビデンス」と言いますが、

医学の世界で実証された新薬が効かない、

しかしエビデンスはなくとも漢方は効く!

この違いです。

 

1回文化勲章受章者で、明治・大正・昭和を駆け抜けた

文学者の幸田露伴(こうだろはん)は、

「運命を切り開くもの」という

随筆で、

「運命懐疑(かいぎ)論者」に対しては、

「誰でも自分が時をえらび、処をえらび、自分の体質、

顔かたち容貌等を選んで

生まれたのではないという事に思い当つたならば、

自然に、運命の少なくとも半分は、真理であるということを

思うでしょう」

 

占いでは、絶対予測できないと、狭い自分の経験、知識内で主張

する人がいますが、Kさんの近親者が亡くなることを予測し、

的中させました。

Fさんは10月頃から母親を介護することになると予測し的中させました。

 今日、周辺の人が自殺したというので「くびつり」でしょうと、

的中させました。

こんなことは、日常茶飯事です。

 

サンフレッチェの優秀も的中させました。

これ等は別に自慢でもなく、普通のことです。

高円寺典子さんもけんっこん問題も婚約時から予言しています。

 

「運命が無い、なぞという事は、

うぬぼれの強い人でも云ひ得ない事でしょう」
と厳しく断じ、運命・天命は現に存在することを強調しています。

 

反面、極端な「運命論者」に対しては

「運命前定説から生れる運命測知術、即ちいろいろの

占卜(せんぼく)の術など

を神聖のものの様に思つては、人間たるものの希望即ち向上心という

高いものを蹂躙(じゅうりん)する卑屈の思想に墜ちて終ひまして

甚だ宜しくない、

 

即ちそれは現在相違という過失に陥ります」と。

(わかりやすく現代文に書き換えています)

 

占いの関係者の中に占いは「統計」によるものと説明する人が

沢山いますが、占いは独自の理論と個人の 経験で構成されており、

 統計や統計学、科学としての研究からは歴史的にも由来してはおらず、

まったく異なるものです。

 

人々が統計というのは、「経験則」であって、学ではありません。

 

統計学なら数学的検証が必要です。

統計学は、占星術が生まれた後、

100年後くらいに緒についたばかりの学問です。

年月日で占う方法は、天文観測、数学、経験則、数字の霊性です。

 

ある事件の確率について、数学が専門の人に聞きました。


たとえば、ある生年月日の人で、ある名前の人が、

ある場所で、交通事故を起こしたとき、
車の番号(4桁)その確率はいくらになるでしょうか?

 

この質問において、4桁の数字にばらつきが出るかという意味で考えました。
すべての情報がランダムに選ばれていた場合は等確率で数字が選ばれるのが確率としては
妥当だと思います。

この意味は、十分に大きい件数を調べると、

0から9の数字が10%に近い割合で選ばているということです。

次に、ある特定の数字(例えば4)が確率の

平均値(期待値)を超えてたくさん出た場合を考えてみます。

 

100件の事故(4桁の番号は計400数字)において

50回4という数字が現れた場合、平均値が40回なのでそれを
超えてたくさん出ていますが、この場合は100件が

十分大きいとはいえないので、少しばらつきが出ただけと判断されます。

しかし、10000件の事故(4桁の番号は計40000数字)において

5000回4という数字が現れた場合、
平均値が4000回なのでそれを超えてたくさん出ています。
この場合10000件は十分大きいので、

滅多に起こらない希な事象ということになります。

 

※統計学の立場では、このような場合、

希な事象がたまたま起こったとは考えないで、
何らかの特別な事情があったので、
4という数字がたくさん出たと判断します。

以上が、質問に対する私なりの見解です。

BY:nishinobu

 

精神科医が書いた占いの本より

(「鬱屈精神科医占いにすがる」)

「わたしにとって、占いは必ず当たる(!)のである。
もしも占い師の語る未来が間違っていたとしたらそれは占う行為が運命に作用して変化をもたらした結果であり、だから本当は当たっていたのである。
託宣が『当たって』いたとしたら、それは占いという振る舞いが運命に及ぼす影響力が微弱に過ぎなかっただけであろう。と、そのように解釈するから、いずれにしても占いは当たっているのである。
 
しかも占い師に頼りたくなるときは常に運勢が低迷しているときである。
占う・占ってもらうこと自体が運勢に作用し、『厄払い』の効果をもたらすに違いない。
占ってもらう行動にはちゃんと積極的な効能があるのだ。」(精神科医 春日武彦)
--------------------------- 
この引用は、占い師の私が書いているのではない。当前だが、精神科医の春日さんが、占いにすがった経緯を語ったうえで、最終的な結論として語っている部分なのである。
 なんだか、占い師よりも占いの本質と、その効能をうまく語ってくれているような気がする。
春日ファンはもとより、占いに行こうかどうかと、迷い悩んでいる人にも、また、占い師自身にも、読んでもらいたい(タロット師、北川隆三郎)

--------------------------- 

[文]板垣麻衣子 
やけっぱち体験を赤裸々に

人の心の専門家であるはずの精神科医が、老いや母の死に直面して、自らの精神的危機に七転八倒する。ついには占いにはまるほどのやけっぱち体験をこれでもかというほど赤裸々につづった問題作だ。
 医者であり、単著は40点を超える文筆家。
それでも、還暦を過ぎて体力は衰え、心ない編集者からの「最近は本が売れないですね」という言葉が「落ち目」と言われているようで突き刺さる。ここ数年、経験したことのない不全感に苦しんだという。

 それにしても、精神科医が占いというのもいかにも滑稽だが、「同業者は手の内を知り尽くしているから絶対にいやだった」。

 

やましさを抱えつつ、藁(わら)にもすがる思いで足を運んだ占師の前で、キャリア40年の医師はあられもなく号泣してしまう。

本書で初めて、2年前に亡くなった母の存在を徹底的に掘り下げた。
期待に応えて医者にもなったが、美しい母が誇れるような「眉目秀麗(びもくしゅうれい)な息子」でない自分に引け目を感じていたという。
「母によって救いをもたらされるという図式を、占いで代替していたのかもしれない」
「いかがわしさでは占師も精神科医もいっしょ」と言い切る。
個人の人生をより大きな運命のパターンにあてはめて物語を付与する、という構図が共通しているというのだ

 

試しに記者も、最近感じる憂鬱(ゆううつ)感を相談してみた。
「あなたにとっての幸せをどう考えるのか。現実的な折り合いをつけることが大事なんですよね、ですから……」。その俯瞰(ふかん)があれば占いにいく必要はないと思うのだが……。
「他人だから突き放せるけど、自分にはムリ!」。

隔靴掻痒(かっかそうよう)のおかしみが、この奇形の書の最大の魅力なのだ。

--------------------------- 

レーガン元大統領夫人のナンシーさん。

彼女は、占星術で大統領にアドバイス。

きっかけは、大統領暗殺未遂事件を予測した占い師がいたこと。

(こんなことは簡単なことです)

 

選挙も、国際政治の重要な決断も最も良い時間帯を選んだそうです。

 

さて、日本の場合、夢の原子炉「もんじゅ」などは、スタートから

最悪を選択しています。原子力船「むつ」の場合もです。

「戦艦大和」「武蔵」の場合もです。

占いが、大国の政治の場面に使われたことは

特筆すべきことだと思います。

 

→「占いが当たっていないという方へ」