正確な鑑定をしても、当たっていないという人の場合

当たらないという人は、よく読んで理解してください。

 

私の場合、「医者の診断」「天気予報」くらいは、当てます。

(もちろん謙虚に書いています、たったそれくらいかと思う人は

⇨90%以上当てると宣伝しているところに行くことを勧めます

実態がよくわかり勉強になります)

 

結論から簡単に言いますと、

「当たらずとも遠からじ」です。

しかし時々、ずばりの答えを出します。

 

この点が理解できる人と、

「100%かゼロか」という考え方の人とでは

鑑定結果による、アドバイスに大きな差が出ます。

 

後者の人は、占いに関する考え方は、小学生並みです。

100%当たると思ってくる人もいます。

常識的に、こんなことは子供でも信じません。

「100%もないし、ゼロもないと考えるのが、一般常識」

 

原因は、いろいろありますが、例えば、

世間一般の常識が備わっていない考え方の偏りのある人。

先入観として、はじめから、うたがっている場合。

人が馬鹿に見えるタイプ、謙虚さのない人。

相談者が、鑑定者の表現する言葉の意味が、理解できない場合。

自己像を間違っている人。

例:自分の心の中で判断が右往左往してるのに、

判断力があると信じている人。

過去の事を忘れている場合。

まだ、事実が到来していない場合。

見栄で素直に認めない場合。

完全な言葉でないと否定する人。自己愛の強い人。

良い答え以外認めない人。

自分の欲望が即かなうと思ってる人、

 

「現実とどう折り合いをつけていくか」

という知恵を提供するのが本来の役割です。

これは高等な解釈の仕方です。お判りでしょうか?

 

よく当たるというのは、80~100%。

いつも100%では、ありません。

(当てると怒る人もいます)他の占いならば20~30%いい

ところです。

 

たまに、ピンと来ないという人がいます。

依頼者との波動があってないときです。

 

こういう時には、本当に困ってること、周辺情報を話して

もらえば、問題、真因、心因などが鮮明になってきますが、

何も話さないで、答えだけ話してほしいという人がいます。

 

どんな名医でも、問診をします、名医は、問診を大事にします。

 

なぜ、聞くのか、同じ鑑定結果でも、

その人にどのように影響してるかという頻度は、

人さまざまです。

この点が素人の人には、理解できません。

 

肝心な判断材料も話さず、座れば何でもわかるでしょう。

何故、わからないのと!いう大の大人もいます。

 

いきなり「違います」というような人は、鑑定が難しいです。

鑑定者が気乗りしなくなるからです。

依頼者の性格によって、難しき問題でも笑いながら楽しく、

解決の方向に持っていける場合と、

権利意識ばかり強く、

金を払うのだから何とかしろというタイプとでは、

大きく解決の方向が違ってきます。

 

どうせ私の運は、悪いのだからという先入観を持っている人は、

鑑定者の勘が、働かなくなります。

 

自分自身が自分の事を、分かっていない場合があり、

周囲の人が全員頑固だと思っているのに頑固さを認めない人

もいます。

頑固な人は、がんこさを認めない、つまり頑固ということです。

 

10年も占い教室に通いながら、間違った自己像を持ち続ける

人が居ます。本当に勉強してないからです。

 

ex:夫婦の場合、奥さんに「あなたの主人は短気です」と言ったら、

奥さんは、「違います」と言いましたが、当の主人は

「私は短気」ですと、認めました。(奥さんが強い場合)

 

家族だから、わかっているという事は、ありません。

こちらの指摘を否定するよりも、

「そういうところがありますか?」

という受け止め方をされると、理解力が変わってきます。

 

初対面で、奥さんが知らないことを、主人の前で話したことがあります。

勿論、本人は納得しました。

  

自分を抑えている人も、答えと、ズレがでます。

 

実際の鑑定には、答えが沢山出て来ることを一般の人は知りません。

経験的に答えを選択していますが、

その選択や、表現方法が、うまくみつからない場合もあります。

こういう場合、相談者がいろいろと話してくれると適格な表現が

見つかります。

 

解説に関心がなく、自分のほしい答えのみ求めてくる人、

言わないのには理由があります、わからないのではありません。

 

見えない世界を占うのですから、両者で、前向きに答えを積み

上げていくという関係でないと、良い答えを導き出すことは出来ません。

 

求めている鉱脈のようなものが見つかると、後は、すいすい答えが、

導き出せます。

こういう事情は、依頼者にはわからないことです。

 

医者は、診断の

パズルを解く様にして、診断する」

といいます、これと同じです。

相談者と、鑑定者が一体になり、相談者が鑑定者の表現不足を

カバ-すると深く観れます。

この感覚は、間違った先入観を持ってる人にはわかりません。

 

基本的には共同作業です。

この理解がある人と、そうでない人とでは、鑑定精度に開きが出ます。

 

「占いを活かせる人、ムダにする人」(講談社)の中に、

何もなかった事に感謝しよう。

という解説があります、悪い日は、必ず何かがあるということではなく、

運、不運は、紙一重、

すれすれに通過してることに気づきません。

米国で、核爆弾が爆発する直前の事故が18年間で、

700件あった事が明るみになりました。

 

すれすれに免れたと理解するほうが賢明です、

油断した時が、一番危険です。

私自身、何度も経験しています。

 

何か物を落したとか、ちょっとつまづいたとかという場合は、

危険なサインです。

  

アドバイスをして、すぐ実行する人としない人がいます、

実行しなくては解決しません。

 (「占いを活かせる人、ムダにする人」)

 

社交性のある、明るく動的な人と、目標行動的に努力する人と、

混同する人がありますが、実際は違います。

こういう違いを素人判断して占法を論じると間違います。

素人がプロの言うことを否定して、頓挫した、自己主張の強い、

元社長婦人が居ました。

この会社は、すぐ、つぶれました。

 

本当のことを言ったら怒る女性がいます、理由は(前述の)

「自分が求める答えを言ってもらえなかったから」です、

このことを知っておかないと占い師が被害を受けます。

 

柄の悪い女性の場合、自分の希望していることと逆の

鑑定結果が出ると、返金を執拗に要求してきました。

すでに鑑定の時間が終わり、鑑定を断ったのにです。

 

同じ四柱推命で鑑定してもらったのに「表現が違う」という人がいます。

鑑定する立場から言うと、当然です。

この人は百パーセント完璧でないと納得いかない人です。

 

根本的には、占い否定論者です(1年間この人の言動から判断して、)

この人の場合、根底に不安感があり、何かと戦っています。

質問する場合、いつも、聞き取れない速さで話しました。

 

「なぜ!わかるのですか!」と、びっくりした様な怒った言い方を

する人が時々いますが、普通に鑑定しただけです、勿論わかって当然です。

この人は、わかるはずがないと思って鑑定依頼している人です。

 

明るい人は、明るい占い師のところに来ます。

暗いことばかり考えている人は、暗い占い師のところへ

引き寄せられます。

同じ占い師から鑑定を受けても、明るい人は、悪いことでも

明るく受け止めます。

 

例えば、結婚運は?と、聞かれたので「ない!」と答えたこともありますが、

本人は、明るく、よい点だけを、心に留めて帰りました。

 

こういう事例は、誤解されますが、本人が良く承知のことです。

暗い人は、自分を傷つける言葉ばかりが、心に残ります。
実際、暗い人は、鑑定が難しいです。


運を呼ぶとは、快適なリズムを持っていること、血色が良いこと、

明るいこと、笑いのあることです。

(「運の法則を読む」)

運命学のすすめ

 

占い本の読み方