プロの勉強法とは

私の講座、わずか3か月の基礎コースで「先が見えない」という人がいましたが、

特殊な人で、気が焦るタイプです。

ある、易の講師は、勉強するのに20年を費やしたといっています。

先生についたが、役にたたなかったと、

これは先生の選び方が間違っていたのが原因です。

情報があふれる中、論理を極めると年数がかかるという事です。

 

志村けんの人間研究法は、高級クラブにはいかず、

場末の飲み屋で人間観察をした。

高島易断創始者・高島嘉右衛門は、

材木商の6男として生まれ、破産寸前の遠州屋を再建するために

安政の大地震で2万両の巨利を得たが、翌年の台風による高潮で木材の大半を失い、

今度は2万両の借財を抱える運命となる。

その後、奉行所に追われる身となり、この牢内で嘉右衛門は、古い「易経」を

発見し、易を学んで一流の占い師になったという。

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉があるが、嘉右衛門にいわせると、

正しくは「人により、当たるも八卦、当たらぬも八卦」であるという。

日頃、人のなりふりを観察することが占い師の第一歩で、占法を習えば、

占い師に慣れるというものでは、ありません。