他の占法を学んできた人へ

今まで学んだ方法を主とし、これから学ぶ方法を従とする

考え方では、うまく習得できません。

何故なら、メインがあるから別にという考え方で、力を抜くからです。

基本的には、お互い独立した方式ですからプラスアルファー程度と

考えないで、初心者として手を抜かないで、1から学習する態度が

効果が上がります。

 

10年以上勉強してきた、同じ命式の算命学や、四柱推命の人は、同列に

考えますが、

同じ10年間勉強してきても、古典の九星を習った人が、理解でき

なかったという例があります。

理由は、頭が古典九星のままで翻訳して理解しようとしたからです。

 

両者の根本的な差は、プロ意識と経験の差です。

ただ受け身で習っただけの者と、プロとして学ぶ必要性を

強く感じた人との差です。

 

役にたたないものは「学び捨てる」これから勉強する事は、

まったく別物として「学びなおす」という考えができなかった

という事です。

 

また、実際例で、ある占法のプロが、初心者が、

すいすい、生き生きと、勉強してるのに、

理解がスムースにかない人達がいます、中には関連として、

必要なのに関心を持とうとしない人もいます。

これは、楽器の得手不得手、好きずきとよく似てると思います。

 

世界的に有名な手相の「キロ」は数秘術と手相を併用して名を

上げました。

 

別に高等数学を習うわけではなく、小学校低学年の計算さえ

できれば、わかることですし、他の初心者がわかることですから、

頭の柔軟な切り替えさえすれば、強力なツールにできますので、

すぐわからなければいけないという強迫観念を持たずに勉強されれば

難しいことでは、ありません。

 

まったく新しいことに期待感を持って臨む人と、

防衛意識で構える人との差でしょう。