師匠とその弟子

最初に断っておきますが、いい話では、ありません。

 

最初、弟子になり手はないかと探して

「弟子になるなら何でも教えるよ」と言ってアプローチしていましたが対象者は、

敬遠していました。

 

最初に弟子になった男は、自分から自称弟子を名乗っていました。

女性の通行人を捕まえて「占いの勉強をしてる」と言って900人無料鑑定したといっていました。

全部ノートに書いて記録しています。

途中、数回内容を見て教えましたが、この男の場合は「当て屋」で当てる事を目的と

していました。

対象者が特に悩みを持っているわけではないので簡単な鑑定のみです。

公の場に出ることを嫌っていました。

そのうち整体まがいのことに興味が移りました。

 

この男は、占い師になるのが目的ではなく、気分が替りやすい性格としては、よく

やったほうですが、有料の力はありません。

途中から仕事の関係で会えなくなり、そのままなので以降の消息は分かりません。

対象の女性へのアプローチは「絶対秘密」と言っていました。

この男の息子は、女性の機嫌を取るのがうまい「人たらし」と言っていました。

この息子のデーターはどこかに保管しています。これが第1号です。

 

今は二人目です、この者もいつの間にか自称弟子を名乗るようになっていました。

「お願いします」もなく、成り行きで、本人の意思で勝手になっています。

そういう性格です。こちらが断らないので

事後承諾という経過です。

私が甘いところを見せるのでこんな状態です

弟子になったから特別に高い受業料を取るというわけでもありません。

年になって一片のメールは来ましたが正月のイベント参加を勝手に決めています。

結果が同じでも事前に承諾を得るべきだと、メーしていますが、この件での返事は

ありません。

新年になって、最初の1週間内に対面しないというわがまま勝手な弟子です。

孫のような扱いをしてるのが原因です。

このページは、こんな愚痴を書くため作ったようなものです。

多分かえって来ても「帰ってきました」とは当分知らせてもこないでしょう。

やはり、連絡なしです。自分のブログ更新は優先しています。

占い師がパワースポットに行きましたなど、私は素人ですと言わんばかりです。

 

今は希少価値なので、甘やかしていますが、毎日、学習希望者は増えていますので

また新たな弟子が現れるでしょう。既に弟子になりたいという希望者が現れましたが

まだ初心者なので無理です。

 

別人

弟子ではありませんし、弟子にはしませんが、遠方から勉強に来ている者がいますが、

期待に反して学習速度は1/3です。

私の提案に対し実行速度が遅く、連絡そのものがメール3回、電話、ショートメールで

やっとつながるということが数回、最初は教室に来るにも、場所は間違う、忘れる、

時間は間違うと言ったありさまでした。

正月、メールの一本もなく、はがきは勿論来ません。

ほかのプロコースでこういう者はいません。

「灯台下暗し」とはこういうことです。(本来の意味とは違いますが)

1月の教室から無断欠席しています。他の何かに集中する癖があります。

心理の勉強室の「永遠の準備」を参考にしてください。

 

遠方の人のほうが学習に対する枯渇感があるだけ吸収率がよいです。