師匠は、消え去るもの

「親孝行したい時に親はなし」という言葉がありますが「本格的に習いたい時に師匠は ない」ということもあります。

私が師匠との関係が薄くなってる時に知り合いの親切な社長が

「先生の特別講座があるので参加しないか?」という誘いがありました。

 

その時は気が乗らず、後から社長に聞けばいいと思ったので参加しませんでしたが

1週間くらいして、その社長が突然亡くなり会う事はできなくなりました。

その後、師匠とは疎遠になり再会できたのは20年後の一般向け講座でした。

 

その時自己紹介をして質問をしましたが冷たい反応でした。

自分で問題を解できるようになったのは、最初習った時から40年後です。

 

私が個人レッスンするときに「先生長生きしてください」という生徒もい ます。

「消えていなくなる事は絶対認めません」という人もいますが、こればかりは

どうにもなりません。