グループ学習、通信教育の問題

通信で学ぶ場合

例えば「算命学」

東京、大阪にある40年の伝統ある学校では、入学金だけで3万7千円、

合計6万7千円、ここの学校では、

通学も同じ 料金ですが、途中で自分には合わないと思っても後の祭りです。
この学校は、神社を併設していたり、校長が論文を書いたりして、
占いと関係のない神事と結びつけていますが、では、それほどの

実用的価値があるか?
中身のあるものなら神社など関係のないことです、
こういう関係のないことを信じて卒業した後、この占法がどこまで役に立つのか?

という事です。

十分な選択をしないで選ぶと後悔します。

他に4万円以上するものもありますが、内容が役に立ちません。

 

グループで学習する場合
占いに限らず、何を習う場合でも成人者対象の講座は、まったくの初心者には、

親切な対応は、しません。
実際、講師の立場でも個人指導以外は、できません。
少なくとも、自分でできる範囲内で予備学習をしないとグループの中で孤立します。
ある講座に新人の女性が入っていきました、講師が、何も知らない初心者に 対応

すると他の生徒が迷惑するので、他の生徒に教えるように指示しました、

新人は「先生に習いに来たので生徒から習いに来たのではない」

と怒りました。
しかし、これは仕方ないことで、直接、個人指導を受けるしか

方法はありません。


私の講座では、このようなグループ指導に限界を感じ「個別指導」をしています。

中には討論形式でしてもらいたいという者がいましたが、法則を習うのに個人的な

意見希望を聞いても、混乱するだけです。

 

それだけでなく、わずかなミスを追及するタイプの人もいます、

このタイプは、すぐにわかります。

他人否定型のタイプです。

勉強に来たというより自分の偉さを表したいだけです。

 

「占いの花束」講座案内

 

⇨「占いの効果的な勉強法」に戻る