東西15種の占法を統合した、進化した占い「占いの花束」の概要

鑑定確率を上げるために、

15種類ののエッセンスを集めています。

予備知識のない人には説明はわかりにくいかも

しれません。

早い話が、ゲッターズ飯田は、

 

何占いですか?という理解の

仕方は、ガラバコスになりました。

 

鑑定所で仕事をした占い師が、勉強になったことは

「1種類ではダメだ」ということです。

 

「占いの花束」は、

東洋と西洋の15種類の占いのエッセンスを

体系的にオーバーラップさせ統合した

「精度の高い」「シンプルで奥の深い」占術です。

素人の方が好みの占法とは、比べ物になりません。

 

「心理カウンセリング」

(ブリーフセラピー)

心に届く鑑定を心がけています。

複雑で深刻な問題は、心理の読み取り

幅広い人生経験を考慮しないと

深い答えは出せません。

 

カウセリングだけでは、

時間を浪費するだけです。

なぜならカウンセリングは、答えは、自分で出すものだからです。

 

占いの場合、例えば、あちらの方向に行くと、

良いことがありますよ、とか、

ブレスレッドを身に着けると、

幸運がきます。

「光が見えます」と言うような事では、

現実の解決になりません。

   

寄せ集めただけの、ばらばらの結果を並べる薄っぺらな

占いではありません

 

最近、アロマと手相とか、手相と、

タロットを組み合わせた方法を

売りにしているところがあります。

 

数秘と、タロットとは関連がありますが、

数秘と、カラーをひっつけて、資格講座など、

とんでもないことです。

関連のないものを理不尽に引っ付けるのは

いかがなものかと思います。

 

「タロットと九星気学の比較」参照

 

一度でさまざなま角度から同時に

占うため偏った結果の生まれにくい

占い方で、よく当たるという評判をいただいて

おります。

 

なぜ?、こういう占いが必要かを説明しています。

リンク先参照➡事例説明

 

占いの花束」で同時に観れる

占法の種類

易学を偶然性でなく計算上で鑑定します。

九星、気学、方位学傾斜法、数理、数霊学、激数占い、

家相、印相、姓名判断(数理姓名学)、マヤ暦、

カバラ数秘術、数霊術、占数術、占数学、誕生日占い、

数字占いの共通項を、現代の暦で結合し検証したものです。

 

「事件」「事故」「経営」「不動産評価」

「番号など」物理現象まで観れます、

他の占いでは観れないことが観れます。

何故こんなことが出来るのかと疑問をお持ちの方は、

講座の受講をお勧めします。

 

ウィスキーのように多種類のブレンドがきいた味わいのある占いです。

 

しかし、時期、時機、時間を観る方法で、これに勝るものは

ないと確信しています。しかも、何に対してが重要です。

 

 この考え方の基本は、50年以上も前からありますが、

古いものが正しいという固定観念のため巷では、普及していません。

 

この方法を使う占者がテレビの占いコンテストで優勝しています。 

東京では使っている団体があると

聞いています。

「ゲッターズ飯田」は13種類を統合しています。

 

プロも密かに使っていますが、完全な使い方をしているかは疑問が残ります。

実際のイメ-ジは、この説明だけで理解することは困難ですが、

実際例を経験していただければ、

理解してもらえます。

実例はちら

 

常に行列の出来る鑑定所で、35年も前から同種の鑑定方法を使っている

ところがありますが、実態は、雑で、間違いもあり、早く処理をするために

手抜きをしています。

多岐にわたる発想もなく、深くは観ていません。

経営者が粗雑です。

概論

鑑定の基礎となる暦を正確な陽暦を使い、内容は、東洋と西洋をオ-バ-ラップさせる事で、両者の良さを活かせます。時間帯まで観れます。

ポイントは、古典崇拝から脱して、現代の暦を活用することです


意味の解釈(象意)は、古典にとどまらず、長年の検証(6万人と30年間した事実を

元に構成し直しています。そのままの伝統的解釈では、現実と異なる箇所があります。

比較対象

月の周期を基盤とする東洋の陰暦は年11日間の誤差があり不正確です。    

そのために明治6年に、日本が採用したのが 国際的に通じる「太陽暦」です。

しかし、東洋流は、いまだに明治5年以前の、古い暦を使っています。           


太陽の周期を基盤とする西洋の太陽暦は、3300年に1日の誤差しかありません。

占星術では、「数は、万物の根源であり、それは、太陽系の天体組織によって、構成

れている」という考え方にもとづいています。

 

「占いの花束」は、この国際的な、精度の高い太陽暦を使用しています。 

ただし、西洋は、占法によって、年、月、日の計算方法は、統一されていません。

特に月は、あいまいで、確率は、低いです。

計算式を統一することにより、東洋と西洋の計算法一致を可能にしました。

東西で、内容に共通点がありま(もともとは、西洋の影響を受けています)。

東洋:現状は、抽象的解釈が中心で、意味は多様で、迷信も混在しています。

実証経験から、編集しなおしました。 

陰暦は、月、 日が不正確ですが、太陽暦を使用する事で正確、詳細に観れます。 


西洋:ロマンは、ありますが、単純な計算で、1次元で深くは観れないので、4次元展します。

 

占いの花束:両者を統合し、実用的な解釈を加えて、有機的に結合をしました。

当たる確率

東洋:占法によります、実用的で応用できるのは、九星気学です、この判断が重要です。 

現状は、検証をしないで、一方向の単純な鑑定に終始しています。

まぐれで当たることもありますが、抽象的な古典的解釈のみです。   


西洋:西洋の占法の数霊術、数秘術等は、西洋の現代的な解釈ですが、このままではみはありません。命とは、参照

※神秘的な解釈は、飾りなので、惑わされないように、意味はありません。

※しかし、両者を一体化すると、深化した精度の高い占法に進化します。


占いの花束」:現代の暦で九星の4次元的展開を活用し解釈を工夫する事で、相か時間まで観れて、深く、多面的に鑑定精度を高めることができます。

太陽暦なら西洋式と共通点があるので東洋式と統一できます。

それを4次元展開します。

鑑定内容の精度が高くなることは、前述、6万人、30年間の検証済みです。

応用範囲

姓名判断、家相、印相は、古典では、静止的、単独に鑑定されていますが、陽暦の年月日を採用する事で、動態的展開ができ鑑定精度が向上します。

古典の姓名判断は、矛盾があり後述)、年月日と連動する「数理姓名学」で画数判断のみでなく名前と生年月日との相性を観ることで、経年変化を明確に鑑定出来ます。

(注、ネット検索で出てくる数理姓名学とは関係ありません)。


手相の解釈、タロットで使う数秘術に十分使えます。

 

この占法は、複雑でなく、一種類の方法で応用範囲が広く、人以外の、

 物理、自然現象にも使え、「シンプルで、奥が深い」これが、最大特徴です。

数字で占える吉凶判断

すべて数字に変換して占うので数字を活用できます。

年、月、日、字画、アルファベット、電話番号、番地、部屋番号、車の番号、登録番号

など数字を活用することで、森羅万象を占うことができます。

 

事件、事故、災難がなぜ起きたか、起きるかを実例で検証し、運命の法則を導く事ができます。この占い法の最大特徴です。

正しい方法を学べば、予知し、予防することに役立ちます。

2013年7月に集中的に起きた脱線事故

画像クリックで拡大表示
画像クリックで拡大表示

歴史的な事故、事件は共通項があります。

これを応用すれば予測できます。

2012年4月に集中的に起きた車の事件

画像クリックで拡大表示
画像クリックで拡大表示