問題の講座④

「経営心理士講座」

70万円、公認会計士が作ったものですが、

 

心理士というならまず知るべきは組織心理

机上で勉強しただけでは、現場の判断はできません。

ですが、話は飛んで、次は心理でなく、

会社の運気、経営者の運気です。下記参照

こういうアプローチ、資格屋は、絶対しません

 

顧客は資格では評価しないという事を

先に知るべしです。

「過去しか語れない税理士」

(直接税理士から聞いた言葉です)

税理士世界とは違い、

コンサルタントの世界は資格のない世界

「完全な実力主義」の世界です。

まず、帳簿を観ないと落ち着かないでは

コンサルタントの仕事はできません。

経営コンサルタントは、

会社を見て、こういう問題があるはずと仮説を立て、解決の具体策を

いきなり提示することから始まります。

 

コンサルタントは、規則や法律の下請けでは、ありません、

解のないところから導き出す仕事です。

 
現在士業の人が、士業を教えるというスタイルは、

まったく役にたちません。
発想の大転換が必至です。

士業の延長線上に仕事があるというのは、大いなる錯覚です。


役に立たないという事を、いつの時点で理解できるかです。

おそらく、理解できないでしょう!

 

「経営コンサルタントになる為に」というセミナーに注意!
見かけが派手なだけで、実践的ではありません。

 

コンサルタント経験がないと真偽を見極める判断はできません。

(如何に自信があろうと)

言葉のイメージとコンサルタント業ができるかもという錯覚で

浪費するだけです。
 

⇨コンサルタントの世界事例

 

税理士&公認会計士から相談がありました。

税理士は、過去の数字をチェックして正しい税金の計算しかしません、

財務コンサルティングは、短期的な問題を

解決することが目的です。

一方でコーチングは、経営者のヴィジョンに寄り添って中長期的に目的を達成して

いくものですから、楽しいと感じています。しかし、

コーチをしていて感じたのは、ビジネスも、人生も波があり、

それをしっかりととらえることが重要であること。

また、その人の宿命や適性に反することは、最終的にはうまくいかないと、

変わっていくのでは思いました。

つまり、現象を変えるだけのアドバイスでは限界があり、

根源にアプローチする必要があると感じました。

アドバイスに盛り込めるように本格的に占術を学んでいきたいと思っています。