①にせものカラーの講座に注意!

現在のカラーの講座は、各種ありますが、その問題点は!

 

本物の「色彩心理講座」は低調で、ほとんどやっていません。

反面、「資格を餌にした」⇒役にも立たない資格講座

継続しています。

 

資格講座の修了者は、その内容を、社会に活かす事は、

できません、採算も取れません。

この点は、社会を知らない主婦が錯覚しています。

 

自己満足はしますが、散財するのみです。

内容に問題があり、資格を取った本人の能力も問題です。

 

自分が、講師になり、生徒が来なければ、商売になりません。

これが、資格商法の構図です。

 http://www.uranai-hanataba.com/占い及び各種講座の実態は/カラー講座/

世の中は、まがい物が、大手を振って歩きます。

 

ボトルが出てくるものは「カラー」ではありません。

 

私の生徒で、カラーの講座を受けた事のある生徒は、数名います、

その都度、結果を聞いていますが、

満足した者は一人もいません。

 

カラーアナリスト、アートセラピーの講師に、

私が色の講義をした事がありますが、まったくはじめて

聞いたという反応でした。

受けた講座(交通費ともで百万かけています)

のテキストも全部見ました。

色の学校へ行った生徒も、自分の求めたものと違っていたと

いっています。

 

百万払って何も得られなかった」と言う生徒が2人もいます。

2種類ありますが。その内1つは!

色の講座と称して(色の講座ではありません)

カラー診断にボトルは不要です。

色も基本色さえありません。

ボトルを売るのが目的の!

オーラソーマで、

途中で止めた者も4人います。

(最終的にはダイヤも売ります、数秘術も絡めています)。

魂という言葉を使って、判断力を失わせます。

 

タロットとボトル併用している占い師がいますが、

ボトルとは、何の脈絡もありません。

サイトには、必ずボトルの写真を載せています。

英国の認定証が自慢で、

 

本人が権威づけ(資格を売り物に)する事に意味があるだけです。

ボトルを並べば、素人は、イメージに影響されますが、

 

占者のセンスが疑われます。

こういう人は一生伸びません。

プライドが高くて自分を謙虚に観れません。

 

ボトルを並べて、本人のイメージを補強しています。

この人たちは、いつ、間違いに気づくでしょう。

 

カラーセラピーと称していますが、

ボトル(植物)セラピー(セールス)が、本当、

中身は、ボトル販売です。

 

色の判定にボトルは、必要なく、直物エッセンスが入って

いるが効果はなく、

関連サイトを検索すれば、実態がわかります)。

色判定は、単色は少なく、判定のむつかしい2色(2層)が中心、

ベースになる基本色が、そろっていないという有様です。

霊的な抽象的解説も入るので、混乱します。

解説も常に変化します。

 

勉強室に黄色という解説をしてる講師がいましたが、

これでは、勉強できません。

本人は、精力的に講座を開いていますが、間違った知識を蔓延

させているだけです。

その意図は、別(資格商法)にあります。

これに凝っている人は、本人も気づいていない洗脳された、

色遊びです。

 

この方法と、占いを抱き合わせて高い料金でコンサルします。

というのもあります。

 

最近、「パーソナルカラーの講座」を受けた生徒も、

事前の私の予言以外に得ることはなく

「個人指導への誘導講座」

だったといっています。

指摘された色は、本人は嫌いと言っています、なぜなのか、

その心のギャップは何かについては単なるコーディネイター

なので、講師は、話せません

しかし、嫌いな色をすすめられても

どうしようもありませんが、現在好きな色の中に

問題点(悩みの根源)が潜んでいます。

これについては、講師は何も指導できません。

 

「カラーヒストリー」とは、人生において心境の変化で、

好みの色が変わるという事ですが、

こういう言う視点は「パーソナルカラー」には、ありません。

要は、講座料稼ぎが目的です。

 

この点は、大変重要で、これからの人生の方向に

大きく影響します。

短時間のコースでは、カードの裏の回答を読み上げるというような

ことをさせていますが。

 

色の権威リュッシャー博士は、こういうやり方は、

いけないといっています。

 

⇛②カラー講座の問題点

 

ボトルが出てきたら偽物カラー講座です。