②にせものカラー講座に注意!

カラー診断して、解説、説得するには、慣れていても1人2時間

かかりますが、これが出来るには、基礎理論だけで、

2年以上の勉強が必要です。

しかも、カラーだけで人生論を説くには、

無理があります。ここが注意点で、

 

人生を論ずるところまでのアプローチは、ありませんし、

出来ません。

色を選んだということは、潜在心理が顕在化したということで、

その潜在心理までさかのぼらなければ、心の闇を解き明かすことは

出来ません。

後の解説が本番ですが資格講座の連中には、できません。

 

心理相談を売り物してる者がいます、アピール力、

集客力は、ありますが、その内容をみると、

浅い内容です。深みはありません。

言葉だけは、それらしき言葉を使っていますが、

素人に毛が生えた程度です。

一般人は、それに気づかないだけです。

プロでは、ありません。

 

表面的な解説では、「ああそうですか」で終りです。

 

性格分析は、心理学でも方法論が固まっていません。

(普通の人は信じないですが、

参考文献「心理テストはウソでした」)

 

一般的な色講座は、色だけで全てが解決すると言う

大きな錯覚を強調しています。

この点については、リュッシャー博士も指摘しています。

 

パーソナルカラー、ラッキーカラー、コーディネイト、

単純な数パターンの性格分析では、人生は語られません。

語れないのに何かが解決すると、うたっています。

 

1日数時間の講座でセラピーや、アドバイスができるなどと

いう事は、絶対あり得ません。

 

あると思う者、あると主張する者は、何処か間違っています。 

 

講座を短時間で済ますには、ずばり、核心に触れる

(問題を明らかにする)内容でなければなりません。

 

一般の色の講座は、解説が甘く、どの色でも,オールOKで

ファッション的です。

基本色も補助色の分類もなく、解説は、各流派によって

まちまちです。

 

ただ、カードの裏に答えが書いてある単純な分析結果を表示するだけです。

その人に応じて解説は、アレンジしなければいけません。

この点は、熟練が必要です。

 

人の心を分析し、癒し、解決の方向を見出すのは、

そんな簡単なものでは、ありません。

百時間かけて勉強しているカウンセラーでも出来ません。

 

私自身30万円の体験講座や、プロのカラーコーディネーター2人

の講演も聞きましたが、得るものは、ありませんでした。

コーディネイトは、感覚で、心理では、ありません。

 

満足したのは、ただ一人、純粋の色彩心理の先生の講座で、

私の勉強したことと唯一、一致していました。

 

私が偽ものと判断するのは、判断する色の中にポイントに

なる色がないこと、あっても、解説にウソ

(一部正しい部分があっても※核心を突いていない)がある事です。

業者によって、ばらばらな解釈、純粋な色彩心理とは、かけ離れています。

 

オーラの写真の色の解説も、あいまいです。

現実に見える色は白で、写真の色はコンピューターグラフィックに

よる人工的な造画で、実際にはあり得ません。

講座で実際に見える人がきて、講師があわてたそうです。

 

はなばなしく、オープンしたオーラが売りのブログも作りっぱなしです。

チラシを見た時やっていけるのだろうか?と思っていましたが、

やっぱり!

 

つまり、わかりやすく言えば、現在の色講座は、色彩心理ではなく、

色屋です。

まだ、生き残りが、変な団体と組んで、やっています。

 

色が売りの講座の内容は、

 (色彩理論、特殊な色の名前、似合う、似合わない、パーソナルカラー、配色

 ファッション色彩、商品色彩、ショッピング、メイク、環境色彩

webデザイン、歴史など付随事項がく実践的でありません)

これに無理に心理をくっつけていることに問題があります。

 

女性は、色が好きで、コーディネートに興味がありますが、

色の一般講座では、人生の問題は、解決できません。

主婦は、資格講座が好きで、金が稼げると思っていますが

資格を売る講座以外には稼げません。

事務所を持っているものは、高額な料金を要求しています。

しかも、不登校を色のみで解決するという荒業です。

 

一般の色の講座では、選ばなかった色、嫌いな色について、

どういう問題があるかについては一切触れませんが、

ここにその人の問題が潜んでいます。

色のコーディネィトよりも、心のバランスが大事です。

この視点が、完全に欠落しています。

 

色だけの資格に依存してる講座は、視野が狭く、客観性を欠き、

思考の広がりがありません。

他の心理学、その他の視点が絶対に必要ですが、主催団体に忠実な

ままなので伸展性は、ありません。

(同じ団体の資格を重ねて取った場合、偏りが顕著です)

いくら資格を重ねてもビジネスにはなりません。

力不足で、人の為にもなりません。

 

淡い夢を見て、人生をロスするだけです。

 

心理学でも、百年の歴史だけでは無理があると言われています。

占いでも同じ単一の占法では単一の視点しか得られません。

ここに資格商法の落とし穴があります。

 

デザイン等、色を扱わない人にとって、知りたいことは、

人生や心理にどのように色が影響をするか、しているか

と言うことです。

 

運講座に参加した百貨店の婦人服売り場の店員に

服装の色から判断して一言、心理状態を話したら、胸に突き刺さった

といって、私の色の講座に参加しました。

 

私は、鑑定経験から服装や、身につけたわずかな色から心理状態を

判断して実証していますので、それよくわかります。

占い師が、色の話をするのは、実際の鑑定に使っているからです。

  

個人が、かかえている問題の解決方法は、色のみでは、おのずと限界があり、

その人が何故その色を選んでいるかの心理、人生の背景を読み取らないと

アドバイスは出来ません。出来もしない講座で、

 

セラピーの資格で仕事ができるなどというのは甘い話です。

 

アロマだけで、人生が好転するというのと同じ感覚です。

 

なぜか、この種師は黒が好な人が多い。

自分の心が痛んでいる事に気づいていない。