資格を取って、どうする?その末路は!

何とか協会が認証した資格講座の「講師の資格」を取っても、

講師の資格であって、実力があるわけでは、ありません。

(各詳細は、現在公表していません)

 

形だけのブログを作って、わずかなイベントで、お茶を濁す!

女性同士のおしゃべりの相手をする。

これをSNSで発表して喜ぶ、

そのうち、年齢とともに消滅していく。

 

資格講座の中身を見れば、わかります。

要は「自己満足」、資格にぶら下がりの存在です。

 

数時間で資格が取れるというセミナーの参加者が
途切れませんが、果たしてお金になるのでしょうか

 

実例検証

5年前、ネットビジネス、SNSの講師に登壇したある主婦、
子供と夫を犠牲にして、テレビに出ました、雑誌に載りました、
イベントをしました、さて最近の動向は?

 

ガリ版刷りのような質素なHPを見ると、最近数年は、

実績ゼロ
過去の実績といっても年間2~3回、ネットビジネスは、
とっくの昔に廃業、この人の講演数回からは、何も得るものは、

なしでした。
イベントの協力者からは、悪評が出ています。

こういう者をH市では、講座に呼んでいます。

市の主催では、学歴詐称の講演者を擁護したり、

役にも立たない暴走族上がりのような男を機関誌で取り上げたり

しています、何故か、公務員(世間知らず、大海を知らず)

だからです。

 

国家資格を取って、本を書きました、ネットの世界で華々しく活躍、
講演も数十回しています、でも、生活は苦しい、というのが実態です。

 

大都会なら何とか、かもを見つけることができますが、、、 

こういう講師の片棒を担ぐのが専門の者がいます。

これで本人が幸せならそれでも良いですが、生活していければ、

 

心理学では「摂取」といいます。

自分には力はないが、話題の人間と付き合う事で、例えば一緒に

写真を撮るとか、これで自分がいかにも実力をつけたかのような

錯覚を持つことです。

ブログやfacebookなどで喧伝して喜ぶ、つまりは××です。

本人いわく「貯金もなく、、、」当然の散財!

この人は、私には、占いは、いりませんといった人物です。