⑦こんな占い師こんな場所に注意

ある占いで索1位に出ていた若い男の占い師のサイトが消えました。

5本くらいのサイトに「何々占いは、誰、誰」と、

自分の名前を書き連ねていました。
人生経験も職業経験も浅く成功体験など持ち合わせていない感じの男でした。

 

ある人がK地域を3か所回ってすべて、「孤独死」と言われたそうですが、

こういう事は絶対言ってはいけません。
言うなら「周囲の人を大切に」です。

これが占い師のマナーです。 

  

数秘とタロットの鑑定で、天からメッセージが下りてくるのに「1時間から

2時間待つようです」と言って、時間をカウントし料金を請求する所が

あるそうです。料金は万が付きます。
天からではなく、占い師が頭の中で発言する内容を模索しているだけです。

占い師の声が聞こえる落ち着かない場所、

こんな所にも若い女性が集まってきます。店は、散財運です。

 

目の不自由なマッサージ師?がオーラが見えるという宣伝をしています。

体を触れば骨格(骨相)がわかります

よくしゃべらせて声を聴きます、この両方から性格のタイプを割り出し、

解釈を付け足すだけで、会話の内容からして、色は見えるのではなく、

勝手に当てはめているだけです。
オーラは、客を呼び込むためのアピールにすぎません。
遠隔地でも、こういう所に興味を持っていく人もいます。

料金は、マッサージ代込み、実際は、体にさするだけ、

オーラという不確かなものにひかれて、行く者が多い、気持ちもわからない

こともないですが、馬鹿なことです。

色は見えるものでは、ありません。

むしろ、骨相を、売り物にしたほうが、良心的です。

 

ある、大都市の占い師が、かなりひどいことしています。

客には、洩れなく「同じ職種」の転職を勧め、開運グッズを積極的に販売

する。勉強している人が、生活に困窮している。という事です。

調べれば、すぐわかります。

 

この占い師の弟子だった者も金儲け主義の商法を継承していますが、

大都市ほど、判断力のない、依存者が集まってきます。

 

こういう占い師を見ても、何も感じない(怪しいという事を)場合には、

心理的に問題が、あります。

 

占いと全く無関係なパフォーマンスをして、「売名行為」をする占い師、

付き合っている者を調べてみると、まともでは、ありません。

名前だけ売れば、客は来る(判断力のない)という商法です。

宣伝数字も、いつの間にか倍増、実態とずれています。

また、取り巻きが代理宣伝をしています。

それに、雑誌や、放送局が同調します。

(見識のないスタッフの判断で)

 

占い師というのは、日々勉強です。

黒子の存在です、やたらと顔出しするものではありません、調子に乗って、

顔出ししてる者もいます。 

大事な人生の問題を扱うのですから。

心理カウンセラーも同じですが、彼らは資格さえ取れば一人前という錯覚を持っています。

同じく巷の占い師は鑑定方法さえわかれば商売になるという感覚です。

 

大衆というのは有名であればよい、流行であれば、

飛びつく、行列ができていれば並ぶ、自分の判断は、

しない、

 

格言「馬鹿にはバカの選択がある」

 

これでは良い人生が得られるわけありません。