タロットカードに甘いロマンを求めないこと!

一番注意すべきことは、依存症、恋に悩む女性や、

病的な人の解決策は、出て来ません。

 

出てきたカードには、さまざまな意味があり、

英断を伴うものも多くあります、

その場合は慰めではなく、

「厳しい決断」が必要です。

→タロットに甘いロマンを求めていると。

 

厳しい「王の道」に出くわします。

矛盾したものもあります、どういう判断をするかは、

占者の勘です。

 

ある鑑定所に二人のタロット師がいます、タロット依存症の人が、

毎日、両者に鑑定依頼してきます。 

片方の鑑定士が鑑定すると毎日悪い結果が出ますが、

もう一人が鑑定すると良い結果が出て満足して帰るそうです。 

 

別の鑑定をすると、その依頼者は、病的という結果が出ました、

毎日、タロット師のところに通う、お金持ちの結婚できない女性は、

依存症です。

 

性格は、占えません。

タロットの学び方、教え方

 

リーディングに共通することは、

「今を観る」ということに限定されます。

これは、これで、意味、価値のあることですが、

------------------------------------------------

る時カードリーディングを行う占い師が隣にいました、

依頼者に3ヵ月後に恋人が現れるといいました。

後で、鑑定してもらった人に聞くと、まったくなし、ということでした。

この依頼者は、何度も、私が観ているのでよくわかります。

 

カードを使わなくとも本人を見ればわかります。

  

具体的な事に関しては、その瞬間は、

当たってるような錯覚をもちますが、

期間が先になるほど精度は極端に低くなります。

「鑑定士の個人差があります」、その時々の、占者の心理、感情、

体調の影響もあります。

 

言うまでもなく、偶然の感覚に依存するタロットは、

雑踏や、飲み屋、路上や雑然とした場所での鑑定には、

向いていません。

 

こういう場所を専門にしている、実際にお客が当たっていない

というタロット師、ネットでは「良くあたる」と書かれていますが、

最近は見かけなくなりました。

悪い評判も聞いています。

まちがいなく体を痛めていると思います。

 

こういう場所を選択する事に平然としている人の運気は

間違いなく良くありません。

しかし、こういう基本的な事(占機)を見逃す人に

よい運気は来ません。

  

現実を 深くは知りたくない、その場の安易なものに依存したい人には、

向いています。

 

特殊な事例

ある時、親に捨てられて、名前も生年月日もわからないという

人が来ました。

トランプでは勿論、歯が立ちませんでした、

あらゆる方法で観てもらったが、わからなかっといいました。

私が、本人が、納得いく生まれ年と、捨てた親(父)を当てました。

「親に捨てられた日」は一番悪い時です、それを元に逆算すればわかります。

  

る人が、易の勉強に毎月、東京へ勉強に行ってた人がいましたが、

先生から自分を占ってみるよう言われたそうです。

この意味は、易の鑑定には向かないことを自分で知りなさいということです。

 

この人の生年月日を観ればわかりました。

 

易の鑑定に使う筮竹を易が観れないのに置いている鑑定士がいました。

人は飾りと言っています。

こういう飾りに影響されて依頼に来る依頼者が沢山います。

この鑑定士は、頓挫しました。

 

株の用語で「美人投票」という言葉があります。
美人は、
人気がありますが、美人占い師は、その能力とは無関係です。
占いをする場合は、その占法は、とても重要です。
タロットは、偶然の判断に頼る、その場のYES,NOしかありません、

人生全体は見れません。
2回目の結果は、異なります、人が変われば変わります。

数ヶ月先も観れません。
占者の満腹時は、適切な鑑定には向きません。

人間には、バイオリズムというものがあって、
身体、感情、知性のリズムが常に変化しています、2つのリズムが

交差したときは、判断力が低下しますので、運行管理にも

利用されています。
このような時にも鑑定には、適しません。
従ってこれらの欠点をカバーでき、幅広く鑑定できる方法が、

良い占いの方法です。

 

ダウンジングという、指からたらした、鎖の動きで判断する方法がありますが、

東洋大学の創始者、哲学者の井上了は、人間の手の動きは完全に

静止することが出来ない為小刻みに動く、これを「不覚筋動」と名つけた、

教育レベルの低いもの程よく動くと言う。

 

ダウンジングとパワーストーンで占っていた

女性占い師と同じ場所で仕事をしていたときに彼女が私言ったことは、

占いって、あたらないですよね」です。

 

この人の仲間は、もっとひどく「占い、当たるはずないでしょ!」

それは本人たちのことです。

  

原則、イエスかノ-しか観れません、後は、

占い師が自分勝手に注釈を加えたものです。

経験的に言いますと、こういう鑑定を依頼に来る人は、軽率です。

 

あるときに男性の経営者が、こんな占いで判断している者がいました。

馬鹿な経営者です。

女性占い師だから来る客もいます。

 

★93%以上(小数点表示)の 的中率と、ヘッダーに

書いているHPは、おかしいです。

当たっているといっても、タロット、手相などでは、年月日の

詳細は観れません。数秘術を兼用してもです。

まず、少数点で表せるほど、正確な計算は不可能、

鑑定内容によって、らつきがあります。

どこまで当たっているかの確認も困難です。

他の仕事との兼業です。

実際に鑑定依頼して、確認しました、うそでした。