印相について

最近は「いんそう」という言葉さえ知らない人が増えています。

印相とは、印鑑に自分の運気が表れることを言います。

いつも行列のできている印鑑屋もあります。注意⇒悪い例です。

 

印鑑は、有名百貨店で高いのを買えば、安心というほど世の中、簡単では、ありません。

 

私が紹介している伝統ある店は親切です

(マージンは、なしです)

 

入学、卒業、就職と、おめでたい時期に知識のないまま、

ファッション感覚でな柄の

「おしゃれ印鑑」を不定見に選んでは、いけません。

 

名刺、印鑑を作成しているある経営者に印相の話をしても全く理解しようとしませんでした。

名刺や、印鑑は自分の代理となるもので、凶運を招きます。

(年数が経てば、必ずわかります)

  

使い方、私の例では、家族に代理で使わせたら、印肉が印面についていて

凶相印になっていた事があります。

いつもは専用の印肉、パットを使って使用後は、きれいに拭き取っていますが、つい油断をするとこういう状態です。

 

面白い話があります。

サラ金に来る客で

支払いが出来ないタイプほど高価な印鑑を買っているそうです。

 

印相で住宅運のない人の印鑑を見たことがあります。

1億もの金融資産を持っているのに、

古い長屋から新築の公営住宅に転居した後、すぐにがんで入院、

病院生活、自分の土地、家を持ちながら最後まで自宅に住むことはありませんでした。

 

会社でハンコを使う場合、同じ三文判でも、使う人によって、ハンコを押したときの陰影が違います。

挨拶がちゃんてできない店員は上部が薄く、いつも忙しくしてる責任者は、

全体が薄く、ちゃんとした応対ができる店員は、全体が鮮明に正しい角度で

捺印されています。

このように、同じ印鑑でさえ印相は、変わります。

高い印鑑を買えば、問題がないと思うのは、間違いです。

 

印鑑屋は、高い象牙を勧めます、しかし、

象牙は、印肉を吸収しやすいので印肉の着きが悪いです。

流通大手のイオンでは、全国のイオン直営店で

象牙製品の販売を2020年から禁止する方針を固めています。

 

相談者から

水晶で、認め、銀行、実印と作りました。

水晶の印鑑を作ってから、あまりよいことがありません。

職業が安定しません。アドバイスをお願いします。

 

印相によると

水晶は壊れやすく、自分を美化し冷淡な言動で人を傷つけ、トラブルで思惑がはずれ、恋愛、愛情の破綻、貧困、流転運。

「印相運命学」

 

 印相についてのテキストを提供しています。