イメージの影響

VR(仮想現実)の実験で、自由に空を飛び回るスパーマンを

体験した被験者は、人が倒れたらすぐに助けるが、

ヘリコプターで遊覧飛行を体験したほうは(つまり受け身の体験)

助けないか、行動に時間がかかったそうです。

人は、こんなわずかなVRのイメージでも影響を受けます。

 

高校生の進路の相談に来たお母さんによると、

いつもは、足の踏み場もない息子の部屋を片づけていて、

ある時、自分で片付けるようにいうと、「それはお母さんの役割でしょ」

と息子が言ったそうです。

こういう、自律性を阻害している母親は多いです。

 

占い鑑定以前の問題も知らなければいけません。

 

アメリカのホテルでの実験で、ベッドメイキングをしている太った女性に対し、

この仕事はダイエットに効果があるというビデオを見せただけで、同じ運動量なのに

ダイエットに成功しました。

人は、こんなわずかなイメージでも影響を受けます。