成功しない人は何故マイナスの行動をするのか?

成功しない人は⇒「失敗の証明に努力する」という説明に対し、なぜマイナスの

努力をするのか?

まずこういう人は、基本的に運はよくありません。

別の言い方をすると、考え方の偏りがあります。

自分を否定する考え方のくせ、自己否定感と、怒りを持っています。

⇒怒りは親との関係です。

抑えられた心の内面(幼児期の潜在的影響)が原因です。

マイナス思考は怒りの間接表現、

⇒内面に隠れた愛情要求があります。

心が満たされない時は、紙屑ひとつ拾う気持ちになれなくマイナス感情に振れやすく

ポジションとしては、坂に立ち止まっている状態、上るか?降りるか?

選択する場合に下りるほうが楽です、上るには自己肯定感が必要です。

つまりマイナス的思考行動が楽なのです。

 <敗者になる仕組み> [心の中の暴力団]…慢性の不快感…本質的なもの

(朝起きた時に感じる罪悪感、劣等感、怒り)

例:いつも表情の暗い人、愛想の悪い人、感情の起伏のある人は、

→ まずいことをくり返す。

→ 結果、不本意な現実に遭遇。
 
この感情を続けると“みじめな感じ”が影響して結果的に自分の考えで

⇒悪い人生脚本推進してしまい、“不本意な人生”をくり返す。

自己不一致(思いと行動が異なる)

 

運をよくするには、

1、ネガティブ感情の悪循環から脱出する。

2、偏った思い込みを、てなずける

3、純粋な本来の自分と、影響しゆがめられた自分との→自己同一性の確立、

本来の汚染されていない自分→本当の自分に帰る。

 

簡単に書いていますが、簡単ではありません。

 「己に背くもの」

多くの人が、己に背く行動、考え方を持っている。