悟り、気づき、瞑想、マインドフルネス、迷いへの解毒剤

実用面から先に結論を!

人間が考える95%は過去のこと

人は1日に7万個の物事を考えていて、その95パーセントは

前日も前々日も考えていたことであるというデータがあります。

この研究データによればあなたの生活が毎日同じDVDを繰り

返しかけているだけのようなものだというのです。

問題なのは、その習慣的な考えの約80パーセントがネガティブな

ものだということ。

つまりほとんどの人は1日に4万5千回、ネガティブでマイナスな

考えにとらわれているというのです。

つまり(恨み、つらみ、悔やみ、など)

現在の行動に寄与しないこと、この無駄な思考にとらわれること

から脱するため、

呼吸や味など、⇒「今」に集中することで前向きになれる。

無駄な思考を捨てる作業(言葉や、文字にして)を繰り返す。

 

(「占いの花束」ではこの作業を、占いの面から短発で解決する方法を

現実面からアドバイスしています。)

 
詳しくは、⇒マインドフルネス(こちらに飛んでください!

にはたくさんの類義語があり、

自覚、気づき、集中、覚醒などと言い換えることも

できるでしょう。

注意:あまり刺激のない世界に浸りすぎると、創造性が失われます。

 

最近、マインドフルネスが流行してるからといってすぐ飛びつく人、

「寄らば大樹の人」まずは自分なりに思考をしてみては!

本質をわきまえず、すぐに技術論に走る人、こういう人は

永久に流行に振り回されます。

私の場合は、しばらくは静観します。

そして遠くから眺めて、本質がわかってからアプローチします。

 

デフォルトモードとは?

同じ時間勉強した子供を比較した場合、スマホの使用時間が増えるほど

成績が悪くなっているというデーターが発表されました。

理由は、脳疲労から起きる「デジタル認知障害」です。

脳疲労は情報がありすぎで脳をゴミ屋敷にする状態で、

物忘れがひどくなる、感情のコントロールができなくなるという

現象が起きます。

パソコンがフリーズするのと同じです。

脳には記憶を整理する時間が必要です。

それがデフォルト‐モード‐ネットワーク

(default mode network) なんらかの思考や関心や注意を伴わない、

ぼんやりと安静状態にある脳が示す神経活動。

脳の血流量の変化を可視化するfMRIを用いると、何もしない安静時にのみ、

活動が活発になる脳の領域が複数存在し、互いに同期することが明らかに、

一番簡単なのは目を1分間つむる。

景色を眺める、ぼんやりするなどが脳には必要なのです。

また、日に一度は1時間は紙媒体から情報を得ることです。