いじめ対応力

ある女性は(成人)通常、ほんわかとして小柄でソフトな感じで時には

言いにくいことをズバッという人です。
いじめにあった事も、そういう雰囲気に遭遇した事もなく、
今までの職場は、すべて良い雰囲気だったそうです。


ココシャネルは「人間関係のいい職場なんてあるわけないじゃない!」

と言っています。
そこで武装するための考え方です。
「Frenemy」(2015年の「ユーキャン新語・流行語大賞)の意味は、

友だちを装いながらも実際には敵視している人。

わかりやすい例は「糖衣錠」外側は甘いが、中は苦い薬、
この二重の使い分けが役に立ちます。

 

学校は性善説、悪平等主義なので悪に立ち向かえません。
「法治主義」が必要になっています。

弁護士、法務省人権相談、警察を利用しましょう。

先生、学校、教育委員会は当てにできません。

 

こどもSOS相談窓口 24時間

(そうだんまどぐち、小、中、高校生)

0120ー0-78310(なやみいおう)

 

☞法務局のページ☜直結リンクしています。

---------------------------------------------------

学校がっこうで「いじめ」を受うけて学校がっこうに行いきたくない。

親おやから虐待ぎゃくたいされている、でも先生せんせいや親おやには

言いえない・・・,
誰だれに相談そうだんしていいか分わからない・・・。

もしもそんな苦くるしみを抱かかえていたら一人ひとりで悩なやまずに,

私わたしたちにお電話でんわください。
法務局ほうむきょく・地方法務局ちほうほうむきょくの職員しょくいん,

または人権擁護委員じんけんようごいいんが,皆みなさんのお話はなしを

聞きいて,どうしたらいいか一緒いっしょに考かんがえます。

相談そうだんは無料むりょう,相談内容そうだんないよう
の秘密ひみつは守まもります。
 
〇受付時間 平日午前8時30分から午後5時15分まで

子どもの人権110番(フリーダイヤル 0120-007-110
-------------------------------------------------------

ある人間関係の悪い職場で、職務怠慢者がいて、日ごろはよく怒る

タイプで、ある人は機嫌を取っていたが、問題が発生したので、

怒っていると表現しただけで、その場から転がるように脱走したそうです。
この怒ってる人は「内面きつい」ということを感じてたという事です。

 

生きていく上では内面の強さが必要です。

小学生に剣道、空手、柔道をやらせるのは運動としてよくありません。
小学生の教科書に載っていたことがあります。

体の強さでなく心の強さ!

「いじめに関する格言」

 

病んだ集団は、誰か一人を犠牲にしてその集団を維持します。

 

その人が一番心の優しい人なんです。

 

不満の相手があまりにも強いと、その不満の相手を攻撃しないで、別の攻撃しやす

い弱い人を攻撃するようになります。

 

いじめる人間というのは、いじめる人を選びます。

 

あなたが弱いと選ばれてしまいます。

 

他人の感情のゴミ捨て場(Dump)になってはいけません。

 

寂しい人は、ノーとはっきり言えません。

 

ずるい人は、そのノーと言えない人を狙います。

 

こちらの逃げる態度を見ると、相手は”許せない”という気持ちになります

 

”断れない”ということは、”淋しい”ということです

 

その場をしのぐという対処の仕方をすると、後に大きなツケを残します。

 

時に人間は犠牲にしがみつきます。

 

いじめられる子は、従順で人の言いなりになりますが、

 

憎しみが心の底にとぐろを巻いています。

 

従順の裏には敵意があります。

 

従順だという人をあまり軽く見ないでください。

 

惨めさの誇示は、憎しみの表現です。

 

真面目で無口だから不満でないと思っては、人を見間違えます。

 

虐められたときは、戦うこと。

 

(加藤諦三の名言より)

         小学生のいじめが急増しています。