人間関係の下手な人

表現しないで自分の頭の中で処理している。

他人との接触経験が浅く、人慣れしていない。

社会慣れしていない。

したがって空気が読めない。

自分を中心とした視野感から抜け出せない。

まじめで正論派、真摯に考えすぎ。

本音と建前の使い分けができない。

 

会話が少なく、誤解される。

 

過去のトラウマを処理できていない。

愛情不足感をもっている。

短気、言いにくい事も本音で発言する。

言わないが、がまんしていて表情に表れやすい、

結果、いつも怒っている感じ。

他人に対して拒否感を持っているが自分では気づかない。

女性でも威張ってる感じ。

 

不満、ストレスをため込んでいる。

日頃の鬱憤を昇華してない。

感情の捨て所がない。(怒りのトリセツ参照)

感情的になりやすい。

笑顔がない、無表情。

  

弱気、何時も我慢する、

いじめパワハラに合いやすい、工夫がない。

   

その他、一般的な基本要素

ワンマン、自分勝手、トラブルに躊躇しない。

頭にきやすい。

自分勝手で気が変わりやすい。

 

本来の性格まま、

人の悪口を話のネタにする者、

自分の願望の投影。

不潔感、口臭(胃が悪い)。

約束、ルールを守らないで平気。

トラブルメーカー、

金銭にルーズ。

 

⇨「怒りの感情のトリセツ」

 

「社会適応力が開運の決め手」