依存症について

買い物依存、ギャンブル依存、ゲーム依存、

アルコール依存、薬物依存、摂食障害

食物依存:健康的に悪いものを食べ続ける。

ex:ピザ、ポテトチップス、クッキー、

アイスクリーム、ポテトチップス、ケーキ、チーズバーカ、など本質は

違法ドラッグと同じ簡単には抜け出せない。(ミシガン大学の研究

 

現在、アメリカでは鎮痛剤のオピオイドが問題になっています。

年間4万人が亡くなっています。

米国民全員を殺される量、大半は中国から。

トランプ大統領の兄はアルコール依存で亡くなっている。

 

共通点は「愛情不足」です。

依存症の特徴

自己評価が低く自分に自信が持てない

人を信じられない

本音が言えない

見捨てられ不安が強い

孤独でさびしい

自分を大切に出来ない

 

治療法は100%辞めさせることではない。

 

不安感は、各種の心理セミナーや神秘性を売りにしたスピチュアルなどに興味を持つ傾向があります。

 

田代まさしは、犯罪歴8回で、薬物で3回、

人身事故で2捕まっています。

この件については私が教材を作って、彼はなぜ、犯罪を犯すのか、犯罪を犯した時はどういう運勢なのか、特に心理面を課題にして取り上げています。

(占いでこういう面まで取り上げるところはないでしょう)

今、彼は薬物依存から抜けるための努力をしていて、この関係でテレビのコメンテーターをしていました。

タレントがこういう事件を起こすとマスコミから強いバッシングを受け、

それは親族までに及び彼の場合は、奥さんが子供を守るために離婚しています。
彼の本音皆が敵に見えた~! 」

世間一般の「あるべき論」では、依存は治りません!
彼らを追い詰めてはいけません。
彼らは、家族的な愛情に恵まれず、人に相談することが苦手で、自分の心の傷にも気づきにくく、薬物やギャンブルの医療施設は少なく治療のために医者に行くと警察に通報してしまう見識のない医者もいます。

外国では、軽い薬物は公認する動きがあり、それで依存者が減少してるという

成果も出ています。(ポルトガル)
記者会見では「二度としません」と言わざるを得ませんが、
本音では「今日一日は、しない努力をしますが、明日はわかりません」というのが本音だと言っています。

周囲の援助で一日一日、辞めていく努力を積み重ねていく事が現実の対処方法で、

対策は「愛情ではなく」援助グループを紹介すること、

そこで本音(苦しみ)で語り合う事だと言っています。
学校などでは薬物は、幻覚症状が出て錯乱するという面を強調して教えていますが、
実際は、薬が切れると眠たくなるだけ。

世間では「意志がない」「だらしない」と、思っていますが、専門医によると、意志の
問題ではなく、再発を繰り返す「慢性疾患」だそうです。
こういう点では世間は非常に無理解です。

 

一方、萩原流行の様に何回も続けて交通事故を繰り返してるような場合は、

過酷な愛情喪失の体験から、潜在的な自己否定感が拡大し自分自身を傷つける

という自虐的な現象が出ます。

「怒りのトリセツ」後半参照

教材の一部(一部非公開)を紹介します。

愛情不足=依存症との関係
愛情不足の場合は「依存症」との関係が疑われます。
主に、母親との関係で、幼児期に十分な母親との愛情が得られなかった場合は、

結果としてギャンブル依存、摂食障害、買物依存、アルコール依存、薬物依存、

ゲーム依存、不倫、性癖などの各種依存や

交通事故を繰り返すなどの行為が現れます。

この場合は、母親の性格を観れば、よくわかります。

早く亡くなっている場合もあり。
母親の性格は、きつい、過干渉、放任、短気性や、神経症自分自身も愛情不足がある
など。
母親のデーターがない場合は、関係者に聞きますが、その時に、しっかりしてる人、
さっぱりした人、優しい人という答えが返ってきた場合でも、聞き直して掘り下げて

聞くと、実は母子家庭、仕事が忙しかった、宗教関係者、ヒステリック、母親放棄など

実態がわかります。

とくに宗教関係は厳しい状態になります。

今は、優しいが、幼児期は子供に十分相手をしてやれなかった、または、溺愛状態、
姉、祖母、他人である姑とも同じ条件が連鎖している場合もあります。
運命の遺伝子、つまりは代々愛情運の弱い家系で世代間連鎖している場合もあります。
父親との関係が、疎遠や過干渉などと、悪い場合も併せて見ます。
アルコール依存、摂食障害、薬物依存の場合は、主に母親との愛情不足感です。
ギャンブル依存の場合は、金銭運の連動性が関係します。
交通事故の場合は、安定運が関係します。
性癖の場合は、秘密性が関係します。
不倫の場合は、性癖に似た状態、恋愛せずにはいられない乙武洋匡など、
歌舞伎役者の女性関係はこの例です。

母に対し、愛情不足感を持っている男性は、母の代替を妻に求める為、守ってくれる

錯覚し、強い妻を求めて不満足な結果となり、代償行為として何かに依存します。

家出、家庭内別居、母親密着、赴任先逃避、子供を苛める無言、不倫はその結果です。
山本耕史、宮崎謙介議員が、その例です。
妻を母親的位置付けをして、恋愛は当然と思っている場合も、男として夫として未成熟。自我の未成熟で外面は良いが、妻に対するDVや、子供に対する虐待になるケースもあります。幼児性が特徴です。


⇒依存症の実例

 

⇒薬物依存を乗り超えた事例