母親との葛藤に悩む

道徳観、親子の関係理想論または兄弟仲良く、和やかな家族関係を求めたいところですが、現実にはそうはいかない事があります。

 

性格の強いタイプの場合でも母親からの束縛の呪縛から逃れられません。

過干渉な母親のもとで育った子供は母親との支配的な関係が刷り込まれていて、その関係を断つ事に困難さが伴います。

 

元カウンセラーの信田さよ子さんによれば、母親との関係が断てないなら自殺したほうがいいと言う人が、たくさんいるそうです。

眞子妃さんの場合もそういうケースではないでしょうか?

母親の紀子妃は、非常に性格の難しい人です。

親と疎遠になる事は世間的に間違ってるのではないかと言う意識が働いて母親から離れられない人もいます。

DVを伴う姑から離れる決断をする場合でも、そういう心理が働いたと言う人もいます。

私と話をしている間だけが生きた心地になれると言った人もいます。