もてない男性の特徴と対策

1位不潔感!(頭、顔、手、歯、持ち物、服装、靴)。

においに注意。爪がながいまま、汚れている。

顔をちゃんと洗う、髪も、鏡をよく見る。玄関に鏡を置き、

出かけに必ずチェックする。

ネクタイが緩んでいる、髪が乱れている。

タバコは、その場で吸わなくても、肺に残った吐く息がにおい、

受動喫煙の人が吸うと気分が悪くなる。

タバコで歯が汚れている。

女性が吸う場合は差し支えないが、それ以外に対応できなくなる。

 

2位ダサいいつも同じ服装(例:Gパン、チエックのシャツ、

スニーカー、紙袋)。

パーティにラフなまま参加する。

センスが古い、センスに欠ける、服装が古い。

おしゃれの研究をしていない。

金を掛けたり、雑誌の真似をすることでは、なく!

ブランド物や高価な衣装に金を掛けるよりは

(実例:服装に百万もかけるダサい男)

店員のアドバイスを聞きながら、それなりの勉強が必要。

ラフ感のある男性は、カジュアルはNG,

「スタンダードにオーソドックス」にしたほうが良い。

服装だけでなく姿勢に注意!重要!

おしゃれとは、持ち物なども含めての事。

時計(やたらと高額のものを自慢しても逆効果)、

ハンカチ、ボールペンなど小物も含めて、

身なり全体に関心がないと、チャンスをなくす。

 

3位ケチいつも割り勘、節約型で、堅実だが、

恋のムードには、ならない。

女性は、おしゃれに金をかけているので、デート費用は、

少し奮発する(浪費になるかならないかが課題)

しかし、浪費要求型の女性には注意。

 

4位:男は、待たされると、ため息をする。顔に出る。

注意:自分には、自分の表情変化が、わからない。

男は、待ちに弱い。それなりの覚悟がいる。

待ち時間にすることを工夫する、勉強とか。

3時間待っても文句を言わない男性もいる。

 

5位:気が利かない。もてる男はマメ。

例、暑い日、寒い日に屋外へ誘う。

女性の好み、嫌がることを知る。

 

6位:デートのプランを持っていない。

店の情報、事前にチェック。

遊びのプランも考えないで文句ばかりいう。

母親にに連れられた子供のような存在。

 

7位:常に、スマホ、ゲームから離れられない。

大人になっていない。恋をする資格がない。

 

8位:やたら得意なことを、場を考えず自慢する。

男の陥る欠点。女性の知りたい事にこたえる努力を。

女性は聞くより話す方を好む。

 

9位:腕を組んできて歩きにくい。

腕を組む、足を組む癖、厳禁!

 

10位:イライラする、豹変する。

不満が表情にすぐ出るタイプは要注意。

女性の不安感をあおり信頼を失う。

 

欄外:男が40代(ダサいタイプ)で20代の女性を求める。

理由は、子供を産むため、〈精子も年を取る)

女性が許容する年齢差は、4歳。-----------------------------

おしゃれもしない、(できない)、会話もできない、

素のままで、何とかなるというのは間違い。

 

男女関係において男はいつも真剣勝負でない。
しかし、女は常に真剣勝負!
(佐藤愛子の名言)

もてない男に共通することは、未熟、不慣れ、

1人称で2人称になっていない。

(相手の立場が分からない)

 

●対策

毎週パーティに出かけて練習する。

「ダメもと」で、少しづつランクアップする。

ただし、業者にあおられると高くつく。

年上と付き合って練習を重ねる。

あらゆる場で、女性とコンタクトを持って、練習する。

飲み屋などで、鍛えてもらう。

「良い意味で」年齢に関係なく、女性慣れしていないと、

せっかくのチャンスも生かされない。

 

東京では、結婚講座に35万払っている。

必ずしも中身のある講座ではない。

付き合う女性は、何が悪いとは、教えてくれない。

本音は、いう気力さえなくしている。

一般論では、

カッコいい⇒おしゃれの勉強。

おもしろい⇒会話の練習。

のりがいい⇒話題に乗る。予備知識の幅(日常の勉強)

話がうまい⇒誰とでも、話し込む体験(知識、情報の幅)

ユーモア⇒以上と関係、常に面白く話す練習。

イケメン⇒だからもてるとは、かぎらない。

逆に警戒される。

復讐:清潔感⇒手や、つめ、シャツなど特に。

臭いには最大の注意!体臭、口臭、香水。

やさしい⇒だれにでも、これも経験、

責任感⇒信頼性。

健康⇒きびきびとした健康感、姿勢の良さ、顔色、血色

中身で勝負⇒仕事でがんばる。ただし、自慢しない。

安心できる⇒一番、女性が求める事、ただし、

恋愛は、刺激性が優先される。

遊びの勉強も必要。

相手のニーズにあわない、優しさだけでは、ふられます。