夫の扱い方、実話

 Mさんご本人の協力で公開しました。


ある奥さんに、子供が生まれて、家のローンもあるし、家族も多く、

病気がちな親の面倒も見なければならない、そんな時に、主人が突然

退職したら、奥さんとしては、

当然、パニクリます。

 

「あんた何考えてるのよ!」と、せっつき(あおり立てる・

急き立てる・煽動する)

たくなるところです。

あなただったら冷静に黙って見過ごせますか?

 

日ごろ、せっつくタイプの奥さんだったら、旦那は、いつか

反乱を起こします。

典型的な例だと、毎日外食をして家では食べない、家出をする、

不倫をする、など

その挙句、夫婦間のトラブルに発展し、家を手放すような事態に

発展する場合もあります。

 

この奥さんは、内心、心配はしたけど、見守りました、この間、

子供も、親も入院し、

産休で自分は働く事もできない状態でしたが、主人は、会社の人が

説得し復職する事に

なりました。

家族の病気も良くなり、すべてが元に戻りました。

 

心理学者のアドラーは「課題の分散」という、わかりにくい

表現をしていますが、

主人の責任は、主人が考えること、私は家事に専念するという考え方です。

そして現在の状態を受け入れ、肯定的な捕らえ方をする。

病気は、やがて治る、主人も元気を出せばやる気になる、そのうち

物事は好転するでしょう。

それまで、悩まず待ちましょう、「私は運が良い人だから」

(この人が一番最初に言った言葉です。

 

当時者本人から
旦那の問題は7月に始まり、退職届と会社が年度末の関係で3月で

退職予定と決まり…

この間がすごく長い時間でした。

 

年末には新年を迎えるにあたり、旦那は買わなくてもいいと言う中、

新しくスーツにワイシャツ、ベルトに革靴それに名刺入れを買い、

3月までは旦那は会社の商品で給料をもらう立場なので、それまでは

気持ちを入れてやり抜くように伝えました。

 

それ以外、退職の話について全く会話をしないし、相手に問わ

なかったので、

私の内心を読めない空気で主人は過ごしていたとおもいます。

 

両家の両親にも私の兄妹にも相談しなかったので、問題が夫婦の中

だけで終わり、

また同じさやに戻りました。

 

この間、私の心境が一定だったわけではありません。

その心の内に強く語りかけたのが、はら先生の鷹の選択の話です。

あんなに強い鷹でも…、鳥なのに…と感動しました。

そして私自身の立場でも同じ事だなぁと気づきました。

 

共稼ぎとは言え、旦那の稼ぎによって家族が生かされていたこと・

大黒柱で家が普通の状態で送れていたこと。

失う事は、鷹が羽もくちばしもツメも失い新たに生き抜くことは、

私たちの生活でもおなじだなぁと。

 

★失って頑張るからこそ、新たな人生が迎えられることだと

先生のあの1ページが私の人生に大きな糧になりました。

 

★失うことは怖いことではなく、強く生きるための経験で現実であれば、

それは人生なんだと。

 

先生のお言葉に出会ってからは、肝を据えることにしました。

先生と偶然あえたこと、これこそ幸運です。

やっぱり私はラッキーです。

 ---------------------------------

主人に対する接し方。

A,攻め立てる要求型

(離婚に進展するケース)

B,やさしく理解を示す、愛情型(日本式)

(要は、甘やかし型で、成長しません)

C,相手の自立を促し、見守る。

D,見切りをつけ離婚する。

(せっかちで、めんどくさいというタイプ)

 

C、のタイプが、「タフラブ型」です。

 

米国の婦人がアル中の夫を立ち直らせた、理論。

心理学者が書かない心理学の本