失恋の本質

失恋で心が痛むといっている女性の場合、

原因は、相手に寂しさを埋める事を求めすぎる事、

大抵は、機嫌の悪い時に相手に求めすぎて責めて、失敗しています。

(昔は手紙、不便な電話で、間が取れていましたが、現代は、ライン、

携帯、メールなどで間を取らないのが原因)

 

しかし、相性はあるか?というと、

多くの場合、縁は、あれども相性はあらずです。

相手に惹かれるのは「自分が描いた幻想」が本当のところです。

失恋の心の中身は「自分の執念」と「恋を恋する本能」を

納める事ができないだけで、

本当は相手が好きである事とは違います。

相手とは嫌いでないという程度ですが、

実際は、心をかき乱します。

なぜなら恋を恋して数十年、やっと巡り合えた恋?だから、

二人の相性の違いを見れば、よくわかりますが、

相性は、ありません。

あれば悩むことにはなりません。

これが客観的にわかるには、数十年かかります。

 

名言

「孤独な人が恋に陥ると執着する」

 

一刻も早く忘れたいなら、悲しみに浸り、

思う存分泣き、悲劇のヒロインになること。

これがトラウマ解消の極意なのです。

(植木理恵)

 

「元気を出して、今、あなたを苦しめているのは、唯一無二の

相手じゃないわ、あなたの人生は、他にもあるの」

 (ヘレン・ガーリー・ブラウン)

 

恋愛は偶然

大体恋愛などというものは、偶然なもので、

たまたま、知り合ったがために恋し合うに

すぎず、知らなければそれまで、又、あらゆる人間を知っての上で

の選択ではなく、少数の周囲の人からの選択であるから絶対などという

ものとは違う、その心情の基盤は、きわめて薄弱なものだ。

(「悪妻論」)

 

絶対に、この人でなければいけない、という相手などいないのです。

恋愛に、運命の赤い糸を捜し求めていると、いき遅れてしまいます。

 

20代の恋は、幻想である。

(ゲーテ)

 

最初の熱情で女は、恋人を恋するが、その後は、恋を恋する。

(バイロン)

 

人が激する時には、誤って愛する。

(ジュベール)

 

女は、恋を恋することによって終わる。

(レ、ミ、ド、グールマン)