恋のゆくえ1万人アンケート(女性対象)①

恋愛、結婚できない症候群

 

相手の年収にこだわる、希望が一番多い年収が6百万の人は、
3%余で、2百万以下も30%以上います。

金持ちはその時の年収よりも、まず、相手を確保、

2人で気づいていく方を選びます。

(例:松下幸之助の妻うめの)

  

刺激を避ける(例、アロマに凝る)、

ストレスを避けているばかりでは、パフォーマンスはあがりません。

 

淡い色が好き(決断が出来ない)。 

決断できない不安の中に自分を閉じ込めて

安住していると恋はできません。

「色彩心理学」

 

暗い色を好む人にチャンスはありません。

(「婚活の裏ワザ25」)

上から下まで、黒で固めた、くら~い人、

心が病んだままです。

  

だれかと、戦ってる人は、恋には縁がありません。

養育歴に問題。

男性ホルモンの強い人、演出が必要です。

恋愛は、できても、結婚で失敗します。

 

他の男性、父親ともうまくいっていないタイプ。

 

不倫を繰りかえしている人。

例:過去、もてたことが忘れられず、

はるか遠くにいる10年前の不倫相手を

追いかける人。

道徳上の問題以外に愛情関係に原因があります。

 

結婚の決断をしない相手と長年付き合っている。

  

旅行好き、神社めぐ趣味で忙しい。

(山で出会うという例もあり)

遊び癖から抜けられない。

 

恋愛、結婚の賞味期限を意識していない。

「若い時ほど、恋愛のチャンスが高い」を考えていない。  

状況は、年齢とともに、付加級数的に、悪くなります。 

 

30歳過ぎて、20代のように青春を謳歌してる女性、

運命的期を逃すと、後は、9年後という人が、多くいます。

こういう人は、その9年後のチャンスも逃します。

 

仕事を優先(一種の逃避)、

仕事も、恋もタフな人もいるが、恋愛には、タイミングが重要、

時期を逃す!
頑張る人ほど、老化しやすい。ますます、縁は、遠のく。

遊び優先も同じ。

   

が遅い、毎日飲酒(1人で飲みに行く)

男性が敬遠する。毎日、飲酒の習慣がある人は、

精神的に問題をかかえているだけでなく、

女性は、酒に関係なく、肝臓が弱いので体に悪い。

アルコ-ル依存症にもなりやすい

 

独立志向が強く金にならない資格取得に熱心。

 

スケジュールがいっぱいの人。

休みに外出しない人。

恋愛する時間を大事にしないと、恋のチャンスはありません。

  

婚活疲れの人は、基本条件が整っていないため、

他の人に持っていかれ、婚活効果はありません。

 

女子会仲間の無責任な、痛みを伴なわないアドバイスに甘んじる。

女子同士のおしゃべりに浸る。男は寡黙です。

  

メイク11分以内の短時間で、スキンケヤーしない。

塗っただけではNG。血流、元気感、透明感が大事。

皮膚科の医者が忠告!マッサ-ジは、皮膚に良くないと。   
 
 

内面を磨くことよりも、外ずらに時間と金をかけるひと。
エステ通い、ネール、これでもかと衣装やブランド

最新のファッション、化粧りて人、

ファッションセンスが個性的。男性が、自分との違いに引いてしまう。

アプロ-チのしやすさは、恋愛のポイント。

これでもかと努力してる女性のウイ-クポイント。
 

がんこ、気位が高くてどうしようもない人。

 

⇒⇒次ページに続く

          「選ばれる女になりなさい」