女性の選び方で注意すべきタイプ

嫁探し、をしているお母さん方にも参考になります。

「自分を大事にしてくれる人」とか、「料理がうまい人」とか

「若い女性がいい」など、(女性が共用する年齢差は、4歳までが標準) 

ただし、相手が望む他の条件に合えば年齢差は問題でなくなります。

女性が仕事中心に生きたいとか、男性が思いやりみゃさしさがあるとか。

希望を述べる前に、まずは、これだけは「避けたほうがいい!」

という事を抑えることが賢明です。

なぜなら、生活に支障がなければ、あきらめ(見極め)も、できますが、

(好きで一緒になったのだから)

そんな理想通リには、いかないのが現実です。

そして、いつの間にか妥協してしまうからです。

うちの奥さんは、何々が得意と、自慢する人がいますが、それ以外は??

 

避けたほうが身のためになる一般タイプ

一般タイプとは、通常の生活範囲内ではトラブルには、目立たないが

トラブルになると、欠点が表面化するタイプ。

 

1、時に、感情のコントロールができなくなる激高タイプ

2、時に、自制がきかなくなり、糸の切れたタコ状態になるタイプ

3、基本的に金銭感覚がなく散財して、借金生活するタイプ

 愛情に不満を持ってる女性は、散財傾向になります。

 後で離婚の原因になります。

4、掃除、洗濯、料理などの生活の基本能力のないタイプ

 男性ができれば問題ではなくなりますが、

5、美人だが、プライドが高くて、どうしようもないタイプ

 美人の体型、運勢の中身には、問題が潜んでいる場合があります。

6、何事も強引、強気、ワンマンタイプ

 通常は目立たなくて、愛嬌はあるが、トラブルになると強気が出る。

7、勝ち気で男のプライドを踏みにじるタイプ

 女性的でない事を気にしない、正面からぶつかってくる。

8、社会性がなく、気弱で、消極的なタイプ

 世間知らずで、独立的生活能力を欠いている。
9、生活を築いていくよりも、消費することを優先する愛人タイプ

 愛情不足感を金を使う事で解消する散財タイプ。

 例:パチンコ、釣りが好き、

10、言葉少なく、会話ができない非コミュニケーション型

11、男をスペックで判断し、あれこれ注文を付けるタイプ

(スペックとは、容姿、センス、学歴、収入、地位など)

12、暗くて、おしゃれに関心がなく、清潔感がないタイプ

13、主人よりも子供や家、実家を優先するタイプ

14、趣味、嗜好にうるさい、こだわり型

 宗教など、何かに凝り、散財すると、やばくなります。

15、神経質、冷淡、など性格的な偏りのあるタイプ

16、一見優しそうという見かけに騙されないように、

急いで結婚して✖にならないように。

17、警告

 「如何に優しそうに見えても!!笑顔がない」

 タイプや

 「いつも怒ってるタイプ」タイプ

 例え、美人でも、絶対避けるべきタイプです。

 

頭の良い子を産む女性の体形は?

足の細い、あごの細いファッション雑誌に出てくるような

タイプではありません。

連れて歩くにはいいですが、

良い遺伝子が詰まってるところ安産型に注目!

生物学者の意見です。

 

こういう場合でも占いを勉強しておくと名前だけ、

生まれ年でもわかる場合があります。

子育てに向くか?向かないかも。

 

このような場合でも、男性は、我慢しながらスルーして結婚生活を

継続、維持しているケースは、沢山あります、

補償は、できませんが、子供も問題なく成長しています。

要は、問題があっても気にするかしないかです。

 

恋愛段階で発見できれば、避けたほうが勿論、良いです。

恋愛中にトラブルをいかにクリヤーできるかが課題。

トラブルを経験することも必要、

何度もトラブルを乗り越えて、やがて離婚を決断をする人もいます。

この場合は、途中「見切り決断」ができていない場合です。

未練心が、あだになります。要注意!

どの場合でも、危機的状況に何時ストップをかけられるかが

ポイントです。

 

※事前に鑑定すればもちろん、判断も付きます。

しかし、恋愛感情が支配していれば、冷静さも欠けます。

--------------------------

気をつけるべき異常な心理を持つ魔性の女

1、女らしさとか、弱さを武器に、気まま、気まぐれ、支配的で

奉仕を要求する。

2、愛される事のみを求める、愛をもてあそぶ

要らなくなれば、誘惑したあと、ひじ鉄。

(過去、愛されなかった事への反抗、劣等感)   

3、湾曲した性質を利用しうまく立ち回り、抜け駆けをして、

男をもてあそぶ。

4、不正直、わがまま、拘束を嫌う、底意地が悪く、

生活の支柱が不安定。 

5、女の情熱と、男の名誉心が混在、性別を無視、圧力をはねのける。
※「はりきる女性の特徴」:子供時代に競争にさらされた経験をもつ者、
男兄弟の代わりをした経験をもつ者、病弱者、私生児、犯罪者の娘、

身体的な取り柄のない者。 

非常な行動力を持つ場合、知能に問題なくとも発達障害のある場合があり。     
6、男性化傾向の強い女:女性は男性と同等になりたいという欲求を

反抗として現す。 

男性ホルモン優位、 中には「わたしは男です」という女性も。
7、母娘密着型(共依存型)、恋愛できない、仕事ができない、理想は高い、

精神的に未熟な女。

8、「自分に都合のよいベストな男性」を求め続ける女。

9、男を夢中にさせる刺激的な所作、

心変わりしやすく相手を翻弄させる。

こういうタイプと分かっていても、男は純粋性を求めて傷つく。

10、相手かまわず自由気ままにふるまう。

11、男性からお金と心を奪い取る。

愛嬌はあり、男を喜ばすが、金の切れ目が縁の切れ目。

12、男性の前で極端に性格が変わる。

誘惑しておいてヒジ鉄、またそばに寄ってくる。

13、その気が無い男に対して、気があるように見せかる、

(他の男の影)その気にさせれば用はない。

14、未成熟で、男が助けたくなる依存傾向の強い、常に、

依存できる男を探し出す女。

愛嬌あり、しかし、離婚、再婚、破産宣告をしても平気なタイプ。
15、優柔不断、男の親切心をくすぐる。

ハッキリしない女。

16、人に構われると素っ気ない態度をとる。

愛情体験が薄い。
17、性別の拘束を極端に打破、美しくないが、男を支配する

魔性を持っている、コントロールする女。
18、ゲスな女 参考ページ

 

世の中には、こんな女がいるという事を想像できない男性が

被害を受けます。「後妻業の女」

 

キャバクラの女に700万つぎ込んだ50代の独身男性。

 

26年間、騙され続けて単身赴任先から退職して家に帰ったら、

別な男が住んでいたというケースも。

(弁護士の事例)

 

自分の子供だと思っていたら、実は不倫相手の男性の子

だったという例が多くあります。

 

まじめに女性に奉仕する男性」は、やがて用済みになり

嫌われます。これが女性の心理です。

原因は、ひきつける刺激性、吸引力がなく、ただ安心のみだからです。

女性は刺激(吸引力)を求めています。

恋愛映画の特徴は、恋に障害があると燃える、障害がないと

興ざめされる。(「風と共に去りぬ」)

 

まじめな男性は「うつ」にもなりやすく、恋愛では、報われません。

 

⇛「もてない男とは」