応用コース

応用コースは一括のテキストスタイルではなく、

実際例を課題にし、課題ごとに添削をします。

実際例は、⇒「取り上げたテーマ」を参考にしてください。

実際例は、100例以上用意しています。

1課題につき、3問までの質問にお答えします。

 

基礎コースは、鑑定盤作成と、象意の解説までです。

これだけで、自分で鑑定力を養おうとすると数十年かかります。

 

実際に必要な課題数は500例以上ですが

後は、ご自分で検証、日々勉強されていかれれば力が付きます。

 

皆さんの質問で普遍的な質問は「専用のサイト」を閲覧できます。

 

2万円で3か月ごと更新、この場合は、添削指導します。

(2018年度からの入会者)

関連質問に限定、1課題につき3件まで対応します。

この間、基礎コースで履修できなかった内容にも対応します。

いずれの場合も、教材の不適切部分が、あった場合は、カウントしません。

教材は、随時、進度に合わせてお送りします。

お送りする教材以外の自主勉強された添削は、原則行いません。

特別に1ページ位は、する事もあります