マイケルジョーダンの名言

(マイケル・ジョーダンは、アメリカ合衆国の

元バスケットボール選手。

NBAのシカゴ・ブルズ、ワシントン・ウィザーズでプレーした。
その実績からバスケットボールの神様とも評される)

 

運命よ俺が通るから、邪魔をするな!

試合開始早々、何本かシュートを外しても

「おい、今日はどうしたんだ」と考えるのではなく、

「よし、リズムは掴めているぞ、これからだ」と楽に
捉えられるかが大事なんだ。

 

10本連続でシュートを外しても僕は,ためらわない。 
次の1本が成功すれば、それは100本連続で成功する最初の

1本目かもしれないだろう。
成功を学ぶためには、まず失敗を学ばねばならない。

 

高校時代は、代表チームの選考から漏れた。

 9000回以上シュートを外し、300試合に敗れ

決勝シュートを任されて26回も外した。
人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功した。

 

何かを始めるのは怖いことではない。
怖いのは何も始めないことだ。

 成功は、やみくもに追い求めるものじゃない。
それに向かってたゆまない努力を重ねるものだ。
そうすれば、成功は思いがけない時にやって来る。
それがわかっていない人が多いんだ。

 

目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。
そこに近道はない。

 

目標を決めたら、それに向かってひたすら努力するだけだ。
何かを達成しようとする場合、受身の姿勢では

絶対に達成することは できないと確信している。

人生で何かを達成したいと思うときは、
積極的かつ、攻撃的にならなければならないと

僕は自覚している。

 

ステップ・バイ・ステップ。
どんなことでも、何かを達成す場合にとるべき

方法はただひとつ、
一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。
これ以外に方法はない。

 

障害を前にして立ち止まることはない。
壁にぶち当たっても、振り向いて諦めてはいけない。
どうやってそれを乗り越えるか、
突き進むか、回り込めるかを考え出すんだ。

成功したいと思うなら自己中心的でなければいけない。
だが,もし最高のレベルに達したなら、
自己中心的であってはいけない。


他人とうまく付き合い、一人になってはならない。

何事をなすにも、正しい方法と間違った方法がある

という格言だ。

無理だなんて絶対に口にするな。
限界は恐怖と同じで、大抵幻想にしか過ぎないから。

 

何かが障害として立ちはだかっているように感じても、
実際には何もない。
ただ、ベストを尽くすチャンスと、
ある程度の成功を収められる可能性があるだけだ。

挑戦することを恐れるな、


自分が挑戦しないことを恐れろ。自分に期待することで
はじめて物事は可能になる。