人生をたのしむ

「平清盛」のテ―マ「遊びをせんとや生れけむ」の言葉の素晴らしさは?
「平清盛」最終回の題は中心テーマである「遊びをせんとや生れけむ」

でした。

「遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ
遊ぶ子供の声聞けば 我が身さへこそ揺るがるれ」

 

「遊びをせんとや生まれけむ、戯れせむとや生れけん」

祗園女御が歌う今様の一節は、ドラマの大切なテーマ。

遊びや戯れは生きることそのものであり、子どもが遊ぶように

夢中で生きたいー。

(しっかり遊んだ子供は、生きる力を養う)

 

「遊びは人生のオーバーホール」

(楽しむことを怠ってはいけない)

 

北原白秋、斉藤茂吉などの詩人も、手放しでこの歌を絶賛している。
争い合う武士や宮廷とは無関係に、庶民は庶民なりの喜びを感じて生きる

ということだ。


後白河法皇は、戦乱の世にあっても人生の喜びを忘れない庶民の

たくましさ、大らかさ、のびやかさにこそひかれたのだろう。
そうした庶民のたくましさ、大らかさは、江戸時代にあっても、昭和の

敗戦後にあっても、日本人からは失われなかった。

「格差社会」といわれる現代には、ぜひともよみがえってほしい言葉

だと思うのだが。

 

また「男の品格」(php 川北義則著)には冒頭にこの言葉を挙げ

「仕事は男の中身を作り、遊びは男の行間を広くする」ということで

下記のように述べています。
遊び上手な男は仕事もできる。

また女性関係でも、遊び心を持っている男はモテる。

(それには妻に対する条件があります)

それはやはり、ゆとりがあるからだ。ゆとりがあるから魅力

がある。魅力があるから品格が生まれる。

そしてその品格を宿した男に、男も女も運もついていくものなのだ。


「ゆとり心」を見につけることが、あなたの男としての品格、品性を磨いて

くれる。
そうすれば、かって諸外国の人々が感動したような日本人の国民性や

精神性が、きっとよみがえる。日本人が本来持っていたはずの美点に

目覚めてほしい。
趣味にしても道楽にまでなれば、面白みが出てくる。
恋愛も修羅場を経験すれば、もっと男は成長する。
遊び心は、仕事にも、人生を豊かにするためにも必要である。


「遊び心」「ゆとり心」を取り戻し、もっと奥深い人生を送ってもらいたい。

皆さまはこの言葉の素晴らしさはどういうところだと思いますか?

 

⇛「85歳のチャリーダー」