理不尽な事にどう対処するか!

「理不尽は勉強になる」と高校生が、

言ったそうですが、えらい生徒です。

会社を辞めた人が業界の体質が嫌いとか、会社の雰囲気が合わないと

いいます、国によっては合わなければ「即やめる」というところもありますが、合わないところで、それを解決するにはどうしたらよいかを考え努力して、何かの風穴を開ける工夫努力をするということをする癖というか、

考え方を持っていると、次に就職したところで何かが役に立ちます。

つまりは創造的な解決策を常に求めて、
経験を無駄にしないという発想を持っていれば、嫌な場所でも花を咲かせる

事ができるということです。

まともな業界はまずありません。

理不尽に対する対処法を知っておかないと独立しても客とのトラブルが

あるので同じことです。
会社人間にならず、常に、対抗心を持つことが独立心で、会社が嫌だから

独立するのでは真の独立はできません。
ココシャネルの言葉に

「人間関係が良い会社など、あるわけないじゃないの!」を参考に、

成功した人の物語を読むと、いかに理不尽な状況を克服したかが書いて

あります。