究極の開運法

ネガティブアプローチによる開運法

ネガティブアプローチと究極の開運法

安易に楽な方法を選んだ人は、逃げ場を持ったままで、現実に直面すると悲観的になる。


性善説的なアプローチは、ネガティブな事を否定的に捉えて、詳細な部分を見ないので、
その場は良いが、不足部分が残る。


「あるべき論」は、一種のネガティブ論だが、一面的で思考が固定していて客観性がない、
ネガティブアプローチは、現実的に可能性のある、これしかない(逃げ場がない)と

いう諦観( s e a   c l e a r l y )を、はっきり見定め(他はあきらめ)力点を絞る。
ネガティブアプローチは、厳しく考え、やさしく語る。


不幸を不幸と思うか?

不利を不利と思い続けるか?

我慢して辛抱していれば良いこともあると思うか?
これを敢然と背負い、これ以外に道はないと観念し、

一生これで終わっても後悔

しないという覚悟があるか、ないか、が成否の分かれ目。

-----------------------------------------------

実例1:日本電産 永守重信社長の運命
*現在、名経営者といわれる永守重信社長

 総資産5,670億円の生き様を参考に!

 1944年8月28日生まれ

-----------------------------------------------

実例2:もう一人はおなじみの

スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ

(Steven Paul "Steve" Jobs)

1955年2月24生まれ -没: 201110月5日

養父母に育てられ実父とは合うことはなかった。

短命で56歳でなくなっている。

両者は、運命的に似たところがある。