運命の扉を開く考え方-2

成功と失敗のサイクル、プロの考え方──────
ビギナ-ズラック(初心者の偶然の成功)は失敗への誘惑。
素人=偶然の成功を期待する。

「自分ならなんとか出来る」という慢心が失敗の元。

最初から「よしやるぞ!」というポジティブ思考の者は、

失敗の可能性が高い。
成功体験が災いし、リスク感覚が後退すると、

あとで過大なリスクを抱える。
必然の失敗」を経験すると、不幸、不運と自己暗示をかけ、

さらに不運に拍車をかける。

 

プロは、知性と努力によって偶然を、いかに必然に導くか

ネガティブに反省し、冷静に挑戦し努力する。
好調時:プロは不調の始まりと理解、自己調整。

素人は「期待過剰」に陥り失敗を招く。

 

プロは、好不調にかかわらず継続的な努力をする。

素人はその都度一喜一憂する。

例:イチロー、歴代最多安打記録を達成録を達成しても、

彼のコメントは冷ややか、「別に目標としていなかった。」

 

失敗と成功の分かれ目  ──────────
有名なプロゴルファ-やイチロ-は常に基本に戻る。
人生はすべて機会である、思い切りと行動で、機会を逃がさないこと。
成功できない者は、先伸ばしと優柔不断、永遠の準備(後述)で機会を失う。

 

1の事しか努力していないのに10の事を望んで成功するはずはない。
何事も“反省”と勉強なくして成功は有りえない。

大半の者が時間の浪費(形式的努力)知識も経験もなく未熟のまま

欲だけで夢を描いても無駄。
悪い兆候を見逃し続ける甘さ、私情移入、勇気のなさが失敗を招く。

 

失敗の要因

私情(好き嫌い、思い込み、欲、プライド)

情報不足(勉強不足)不手際(経験不足)
おごり、ゆるみ、急ぎ(準備不足)迷い(自信のなさ)

怖さ知らずの欲望、過剰期待、 依存心、過剰反応、遅れは、失敗の条件。

頑迷さ、頑固さがこれを助長する。


失敗も成功も過去は一気に捨てる。しがみついていては没落する。
揺らぐ事なく、動ずる事なく見極め、ただ今日成すべき事を、実践すべし(原子仏教)
停滞は死である、常に挑戦的に行動しなければ、衰退していく。
開放系(新陳代謝、自己開拓による発展の持続)か、

閉鎖系(努力なしのじり貧)か。

 

辛抱強さや、冷静さは知能指数よりも重要(バフェット)。
人間のやることだから失敗はある、だが、

失敗の処理に失敗するな(ケインズ)
失敗をくり返すのは、自分の弱点のせいである、

自分自身の問題点を正さねばならない 。

運命は、性格の中にある必然である。

 

不確かな事に対する予知の確率を高め不幸を防ぐには
吉当てよ!気働き(心を使う)知(頭を使う)足を使う、

手を惜しまない、予測する。

認知的節約(努力をしないで安易な思い込み)をしない、間違いの元。
当たり前の原則(当たり前の事を当たり前に行う)を守る。

 

広く社会の変化や事件に毎日注目し、その原因や背景、

リスクを知る努力を怠らない。

日常起こる様々な事柄に対し、広く関心と興味と「疑問」をもち続ける。
より確率の高い、信じられる事を積み上げ(研究)

 

「にせ物」に対する判断力を養う。

白黒のつけられない物事は、より常識的、一般的、客観的な考え方で判断する。
物事を突き詰めていく考え方により観察眼をつけ、安易に権威や流行に依存しない。

 

頭と心はいつも鮮明にして「気を充実させる」、知性より感情が先行すると誤る。
日常の安全行動を心がけ、不安全行動をしない。
通俗的なもの、不確かなもの、まがい物に惑わされないように注意を払う。下記参照

 

リスクから身を守る為の努力を怠らない。
予測できない不運や、不慮の災難にあっても、勇気をもって転身し、健全に対応する。
例:B’Z の稲葉は、夏でもビ-ルは飲まない、鍋物をよく食べる。
松本は、エヤコンの風に当たらない(NHK創作の舞台裏から)。
バレリ-ナの森下洋子は、60代になっても1日4~5時間の練習を欠かさない。
飛行機の中で(ファ-ストクラスで)もレッスンをした事がある。

 

小澤征爾は、毎朝5時に、楽譜の勉強を欠かさない。
賢い経営者はチャンスに果敢に挑戦するが、リスクは常に最悪を予測する。
不安感を持っている人は、周囲に否定的な感情をまき散らします、その影響を受ける人は「不幸予備軍」の人です。安易なその場だけの安心感に逃げ込んでいるうちは問題は、
解決しません。常に問題に立ち向かっていく勇気を持つことが本当の開運です。

 

やる気を起こすには───────────
1  遠回りしでも、課題に近づいていく、まず1歩から。
自分の好きな方法で、まず行動を起こす。
    感動は行動に結びつく、頭で考えず、手や足を動かして考える。
2  自分に負荷をかける:人前で宣言する(アファミ-シャン:自己宣言)。
    小さな目標を少しづつ達成していく、人と目標、課題について、話す。
3  自分を常に刺激する:情報の刺激を求める、見聞を広める。
4  朝、1日の目標を立てる、何かをする、体を動かす。
5  自分の機嫌のとりかたを工夫する:時には休む。自分の癖をうまく利用する。
6  常になんらかの負荷をかける:孤独になる。わずかな時間の無駄を利用する。
7  体調を整える:だるさを解消する。ビタミンB不足に注意。
    朝、光を浴びる。起床時、背伸び、ストレッチ。
    起床時、首を横に振る(やる気ホルモン、ノルアドレナリンの分泌)。
8  朝、卵、ハム、チ-ズなど動物性たんぱく質を摂る。
9  夜更かししないで、自律神経の調整に心がける。
10  肝臓の疲れに注意、冷やさないように。脳の扁桃体が「快」の状態
11  [各種、脳内ホルモン]をバランスよく排出させる。

 

脳内ホルモンのセロトニンを増やすには、
卵、バナナ、大豆、チ-ズ、+B6(豚肉)。
呼吸法を続けるとセロトニンが増えて、プレッシャ-に強くなる。
幸福感、安心感、ときめき感は、神経細胞を増やし、エストロゲンを分泌、
快感、興奮を増やす。何かに夢中になる、踊るアホを選ぶ。
脳の扁桃体を「快」の状態(美味しい、すてき、きもち良い)にしておく。
好き、愛しているという感情を高めるとホルモンが出る。
「快」:脳内を活発にすることで、やる気ホルモンが出る。
「快」の状態を作り出す工夫をする、ラッキ-日記をつける。
小さな幸せを感じる。いたずら好き。落ち込みをなくす。
ポジティブ(肯定的)になれる方法を知っている。握力も上がる。
リズミカルな運動をする。

 

進展のない人─人は正しい目標を失うと「偽りの目標」にはけ口を求める。
失敗をくり返す、矛盾したもの、不明なものに興味関心をもち、疑問をもたない。
世論、世間一般、大衆相手のマスコミの誘導に影響される、特殊事例、例外に興味。
無知の状態に安住、自己否定、常識の迷い、迷信、不確かなもの、詐欺事件に関与。
古いものに回帰、にせもの、まやかし、まがい物、暗いもの、汚いものに鈍感、、
不安感、何かに依存。雑然としたもの、喧噪の中ですごす。取りとめのない雑談。
亜流への執着(判断力をなくす)。成長しない人と付き合う。

 

メンタルタフネス(精神力の状態分類)色の好みとの関係  ────────── 
黒を好きな色の1番に選んだ人は、何ひとつとして本来あるべき状態になっていない。
現状に不満であり、多くのことが自分に要求され過ぎていると感じている。
自分の意見に固執して、他の意見を絶対に許さない。
この抗議の気持ちから反抗、放棄したいと思い、賢明さを欠く無謀な行動をしがちで
ある。

否定を表し、断念や究極的な降伏と、放棄を表している。
1~3番に選んだ人は、極端な性質をもった、代償的行為を引き起こす。 

 

→NO3につづく。