鼻歌でもよい歌っていれば!

「世渡り上手」のお母さんから聞いた格言です。

運が悪いと思った時には

「唄を歌っていれば、そのうち運がよくなる!」

素晴らしい考え方で心理的にも理にかなっています。

場所をわきまえ大きな声でもよいし、鼻唄でもよいです。

そういう気分にはならないという考え方をしないで気楽に、

ネガティブフォーカスから離れて頭を休ませる事で効果が出てきます。

私は昔、会議中にかすかに鼻唄を歌っていたら上司が

「どこからか歌が聞こえる」と言われたことがあります。

誰が歌っているかわからないので、ひそかに仕事中でもできます。

ただし周囲に気を付けて、他には海に行って、楽器でも演奏する、

山に登って大きな声を出す、私の知っていた女性は、朝早く起きて、

ほら貝を吹いていました。

 

鼻歌混じりで描いても傑作は傑作 by 藤子不二雄