①行列ができる店の実態

----------------------------------------------

待たされる、人気がある占いは、

 

当たるという錯覚!をもたらす。(心理学)

年運を中心に手抜きの横着鑑定」でも行列。

簡単な字画しか観ない、しかもよく間違える。

  

中身は「無料鑑定レベル」なのに

連日行列ができています。

この結果、どういうことになるか?

知らぬは大けがの元です。

事例1:街中の古い鑑定室。

月の計算を省略、間違いもあり。

変な鑑定法で、暗い部屋で古びた、開運

グッズを並べている。

事例2:行列の出来る鑑定所。鑑定盤は、空欄のまま、短時間、低料金にしても、十分記入、鑑定は可能。よく間違っている。

手抜きの横着鑑定でも行列。


事例①

画像左は、古い鑑定室です、行列ができるほどではありませんが、

運の悪そうな人が来ています。

月の計算を省略、別の計算でも、月の計算を誤っています。

それだけでなく、へんてこな基本に外れた鑑定をしています。

金運を頼むと、「節約しなさい」といい、その後で、

自然に入ってくるという。

これでは、占法の種類にかかわらず間違います。

 

「神社におまいりしなさい」という

これは、占いではありません。

もっと現実的なアドバイスができます。

こういう場所には、運気の悪い人が良く来ます。

 

事例②

ネットの知恵袋などで「良く当たる」という

素人が判断した巷の噂の??店の 薄暗い待合室、

たまたま当たったという者が「行儀よく待ちましょう」

投稿してるので!

 

「散財運」の場所で「凶方向」に向いて、

みんな、おとなしく待っています。

場所のイメージに騙されています。

[よい訳けないです!]

口こみが、ひとり歩きしています。

 あなたが思ってる事と、現実は、大きく異なっています。

実際に確かめました(上右図)。

 -----------------------------------

雨の日でも依頼者が、並んで待っているというところは、

①「手を抜いた簡素な見方」で、重大なことを判定する、

だから、間違う。

たまに当たった者が「よくあたる」と宣伝している。

非常に簡単な字画をよく間違う!

依頼事項と異なることを荒々しく言う。

事実とまったく逆のことを言う。

重大な相談をこういうところに頼むと

大きなトラブルに巻き込まれます。

わずか10分で、料金は安いですが待った意味は、ありません。

  

場所の運気も悪く、経営者も荒い!

事務所も、店も、散財運です。

自分の所が悪いということもわかってないようです。

こんな所で金を使っていては、良い運はめぐってきません。

施設の信頼イメージで、安易な判断をするとこうなります。

 

努力しなくても朝から行列が出来て、わずか10分では、

占い師自身のモチベーションもやる気もなく、

商売上、事務的に処理するだけ、それでも

 

「判断力のない大衆」は、こういう

場所を信じます。

周囲に影響され、考えないで、人と同じ行動をとる、

「思考停止と依存」これでは良い運は、来ません。

 

私は、ここでの占い方は、現在の担当者より、

はるかに詳しく知っていますので、自信をも

って批判しています 

 

短時間で決め付けるだけの鑑定は、占い師自身が

成長しません。

 

うわさで判断する人は、自己判断力のない人、

自己肯定感の低い人、

つまり他人依存自己否定型の人(心理学)

このままではいくら開運グッズに金をかけても、開運きません。

 

「②行列のできる店の実態は!」