九星講座マル秘実態

「古いもの好きの女史が公開していた内容を検証」

「受けたその日から占えるようになる東洋占星術講座」

宣伝していました。

まず、九星気学は、星では、ありません。

2~3時間で占えるのなら、何十年も勉強しているものは

何だったのでしょう。

星気学

方位(90分で教えると言っていますが、

間違ったものを習っても何にもなりません)

陽五行編
風水アイテム編 (墓場の地理学です)
お名前風水編 (こんなものがどこにあるのでしょう )

冗談じゃありません。

かに安物かがわかります

 

飽きもしないでまだ、講座を開いていますが、

性を、その日に出会った方位で決めるという

変なことをしています。

出会ったその日(方位でなく)を見るのが正しい。

といっても意味すら分からないでしょう。

 

遠くからこんな安物講座に来る物好きな、お人もいます。

この人も古いものなら正しいだろうという錯覚の人。

 

すでに、公開していた下記の内容。現在は、削除しています。

 

時間について書いていますが、

日もろくに見れないのに時間どころで

はありません。

 

1981年生まれ

生まれた年は一白水星です。
一白、以外をやるとまずい!)

 
時間から

(時間が見れるのかと、思いきや、年のことです)


方位から

北を掃除するといい。

本質的に掃除は嫌いな人、掃除は北だけではだめです)

北に旅するといい。

(北に動きやすいが、悪い方角これが方位の間違い

象意から

水の星。海・川に行くとよい。

(よいではなく、行きたがる、さらには、落ち着かない場所が好き、

本質的には、よいわけではない、水難に注意!)


性格はまぁいいか~と流す、柔軟性がある

(講師の勝手な解釈、本質は、「めんどくさい」。

ざっくばらんではない、この点を間違ってはいけない


これが一生を通したテーマとなるわけです。

(一生のテーマは、心身ともに忙しくすることで失うことがあるということ、

一白も年によりいろいろ違いがある。

さらには、この年は、根気が続かない時がある、

精神的な壁に当たりやすい、さらに、補足もあり)

 

まあ、古いもの好きの女史では、この程度、

これだけのデーターで1時間話せますか?

 

弁護:あまり本当のことを公開すると、お勉強会にならないんです。

 

アドバイス:本質に突っ込まないと講座の魅力がなく、

ただのお勉強会で終わります。

 

言い訳:だって、それが目的ですから。

何といっても食事つきです。

続,講座のぞき見、九星の解釈

注意:人によっては、まったく「逆」の解釈になる事があります、

素人さんは、この辺を短絡的に受け取られて、興奮する人もいます。

ほかの数が強く影響していることがありますが、素人向けの、

単純な見方では、わかりません。

本は、単純な範囲内のことしか書いていませんし、

巷の占い師では、観れません。

 

 ブルーの注釈が正解

一白水星 まあいっか~

(ではなく、どうでもいい!が本音)

以下は、意味そのものが正しくても、陰暦では、

対象そのものが違って出ます。

二黒土星 世話焼きが得意

(当たってはいるが、積極的というより、黙々と

三碧木星 うるさい

(明るいのが長所、うるさいは、凶の場合)

四緑木星 話を聞いていない

(意外な解釈、常識的な社交性で人気者

会話は基本的に苦手)

五黄土星 オレ様

当たっている、ただし!陰暦では逆が対象になるのではずれ!)

六白金星 気高い

(当たってるが、同じく逆が出る

七赤金星、いつも楽しい

(楽しいではなく、愉しみを求める)

八白土星 腰が重い

(違い、果敢にがんばる、行動力がある)

九紫火星 感情豊か

(感情というより、ひたむきな情熱)

 

ここまでは、ぎりぎり及第点。

問題は、これからが、"逆転敗訴"

 

九星で出てくる星(気)の種類と、実際は、になります。

⇒(陰暦と陽暦、鑑定の根拠となる暦の違いです)

 

続、続、別の九星の講座体験記

ある九星の講座を受けた生徒の感想

「九星気学の先生の講座が終わり、

内容も何となく、物足りなく感じました。
はら先生が教えて下さることが今の私には
必要であると強く再認識することができました。」

 

(この講座の講師も、地味で化粧っけのないタイプ。

ひたすら疑いもなく古典のみ信じている。

地味で化粧っけのないタイプは、開運できません)

 

初心者向けの講座で、必要のない、先天定位や九星に関係ない

十干や(天中殺との関係は教えない)、いきなり、傾斜を教えたり、

役立たない、相性、相克をやらせたり。

(権威付けのため、疑いを持たない生徒は迷宮入りします)

 

平成3年生まれは3は単数ですから12から3を引きます。 
すると9ですね、つまり九紫火星になります。

こういう解説をしてるところがありますが、
明治、大正には適用できません。

正式の計算は、11-(3-1)です。

 

10年習っても何にもなりません。

 

私の講座では、即、実用的な内容に入ります。

九星は表を見て答える。技術は、いらない。