年、月、日、時間で占う「命」とは?

私と誕生日が1日違う同級生、生き方も、

性格も、まったく違います。

 

誕生日で占うといっても、

年月日で占う場合は、暦が正確でないと見れません。

実質年だけが中心のもの、

⇒「マヤ占い」(正確で有りません)

 

年は観ないで、月単位だけのも、

「占星術」

 

実質、日だけが中心のもの、「数秘術」

(後は、観ても確率10%)

 

年と月のみのもの、「九星」「気学」

(日は、でたらめです)

 

10日単位のもの、「六星占術」

 

などが実態です。

 

暦の占いでは、時間が観れない、どころか、

暦の「日にちが不正確というのが現状です。

理由後述。

 

命とは、年、月、日、時間を元に占うもので、

東洋流では、九星、気学、方位学、四柱推命、算命学、

紫微斗数など不正確な陰暦」で観ます。

  

西洋流では、マヤ暦、カバラ、数秘術、数霊術、

占数術、占数学、星占いなどがあり

正確な陽暦」でみます。

 

 年、月、日、時間、

4つの占法で占う方法の場合は、

4つが正確な事が必要

4つで占うのが原則ですが、

 

4つ全てで観れるのは、ごく一部です、

当たらない四柱推命の原因の一部。

  

不正確な暦で、年、月のみだと確率は当然、落ちます。

しかも、簡単にしか観ない。

でも、一般の人は、これに慣らされています。

 

四柱推命は、4つで観て初めて4柱ですが、

生まれた時間までわからないのが普通で、

3柱になります、しかも、急ぐ現場では、

鑑定に時間がかかるので、2柱て観ています。

 

無料鑑定や、巷の占いでは、

年だけ、日だけ、年と月だけでしか占っていないもの

多くあります。

鑑定盤のみと言うのもあります。

 

しかも、名前や数意が連動しないものが普通です。

以下参照してください。

 

年月日で占うには!

 

常識で考えて、基本となる暦が、

正確でなければ、意味がありません。

現代の暦は、国際的に通用する、太陽暦が世界的に

使われていますが、

東洋流の占法では、月の周期を元にした、旧暦(陰暦)

明治5年までの不正確な暦を使ってます。

 

旧暦(陰暦)は、1年が354日です。

したがって、陰暦は、

年間11日ズレが出ますが、

太陽暦は、3千3百年で1日のみです。

 

古典派の人は、古い時代に作られたものだからと、

そのまま使うのが正しいと言う考え方ですが旧暦では、

月の始め、日は、正確には観れませんので、観ません。

当然、くなります

古典では当たらないので、ごっちゃな解釈をしています。

※特に鑑定上、

日や、時間はとても重要です。 

1日違うと大きく違ってきますが、

一般の人は知りません。

もちろん、手相では日も時間も観れませんが、

素人さんは、群がります。

 

占いで鑑定する場合に、生まれた「日」

波乱の人生に大きく影響する要素が潜んでいる

場合があります。

例:タレントだった、杉田かおりの場合は、1日違っていたら、

平穏な人生が送れただろうにというタレント人生でした。

 

占法が、古典の場合は、古い不正確な暦を基に鑑定するので、

この違いは読み取れません。

はじめから日を見ない九星、気学や、

10日単位で観る六星占術、1か月単位の占星術うな場合は

勿論、この違いは、読み取れません。

日で観る数秘術の単数の解釈だけでは、役に立ちません。

眞子さんと婚約者の圭さんは同じ数。

 

1月は、前年度になると主張してる人の表では、

必ず、今年度になっています。

日が正確に観れるかどうかは、鑑定の成否を左右する

重要ポイントです。

古典の人は、これを知りません。

 

いまどき、こういう古典の占いを看板にしている、

時代遅れの占い師は、避けることが賢明です。

 

生まれた時間がないと鑑定できないもも、

インド占星術」

明治5年、日本は、過去9回の改歴を経て、暦の大改革をして、

正確な暦に変えました。

にもかかわらず、東洋の占いは、いまだに、古い、不正確な暦に

拘泥しています。

 

理由は、古典という権威づけ、神秘性

(算命学を教えるに、わざわざ神社を作ったり)

 季節をより正確に表すのは旧暦より、新暦 !

明治5年、旧暦から新暦への大改革が行われたが、占いの世界のみ変わっていない。