手相は、人生の重大な決断”には、向きません!

女性の好きな「手相」で知っておくべきことは ①

手相を、先入観でとらえている人が多いので、10項目、解説を加えました。

※このページはよく読まれています。サブメニューを参考にしてください。

性格を見るには便利ですが、「それも半分だけ」です。「知らぬは仏」

人生の問題の90%、親子関係に起因します。

1人だけでは、観れません!

こんなことは、プロ中のプロのカウンセラーしか知りません。

手相で何年何月何日何時に何がどうなるかを、期待するのは根本的に無理です。

何年何月までわかっても内容は??

単に線の変化だけでは「具体的」な意味はわかりません。⇨狭い手のひらの線上で

時を鑑定するのは非常な無理があります。

世界的に有名な手相学の祖「キロ」は、

手の型を重要視しないで、

いきなり、手の線を見るのは、

非常な誤りと、言っています。

普通の手相は手や指の型を重視しません。

手は、骨格、体形とも連動しています。


「占いは手相」という強い固定観念持つ人が多くいますが、

 

年後の確率は17%! 

(フランスの学者パスキッドの「手の心理的研究」)

 

「手相術」浅野八郎著、参照

 

「流年法とは」

 

「恋愛、結婚運があると言われたら」

 

要注意!

 

手相で一番不得意なのは、先のこと、

数か月先も定かでは、ありません。

3か月先でも34%

 

アバウトは、信じては、いけません!

という事が素人さんには理解できません。

占いとは、そんなものだという依存的な理解は

危険性があります。1日違っても!です。

 

相というものは、現状を見るものです。

といっても手相が変化するには年月がかかります。

なんといってもシワですから。

 「手相の変化、運命の変化」

 

占いは、手相だけでは、ありません!

参考までに

「占いの種類」は、こんなに沢山あります。

手相よりより、奥深いものがあります。

 

占い=手相という人は占いの初心者です。

私も最初、手相に興味を持ちました。

素人さんには、イメージしやすいから、

 

手相には、手相の良さがありますが!

one of them(選択肢の中の一つ)

過度な期待は、すべきではありません。

何もかも見れるわけでは、ありません。

可能性と限界を理解しましょう。

「手相で観れないこと」

 

高い見料を払うのだったら!

他で5回分、観てもらう方が勉強になります。

最近は、弁護士を決めるにも、何回か行って確認してから

正式に頼んでいます。

 

噂の場所で手相で鑑定してもらったが

「何も得られなかった」

(占い一筋プロの人の意見)

という人がいるくらいですから。

 

わざわざ、他県の「手相の専門校」に行ったら

算命学で観られたという話もあります。

 

どうしても見てもらいたいという人は試しに

syokujidai dakede mitekureru tokoro

この場所を紹介してくれた相談者が私のところに来ました。

この場所を経験した人によると狭い、汚い、おいしくない。

鑑定は任意で、ワンポイントだけ。

 

医者の診断でいえば、手相は触診

といわれる生年月日は、レントゲン

MRIの違い、しかも多数同時です。

手相では、そこにいない相手は、観れません。

 

◆⇒鑑定内容の比較をしてみてください。

具体性のない、

抽象的な宣伝コピーに惑わされ

ないように!

  

ただし!

命の占法にも不確かなものがあるのが残念です。

  

なぜ手相好きなのか?

イメージしやすい

手相しか知らない!

占いに未知な人。

噂につられて、他を知らない。

➡手相の限界を知らない。

 

感覚的、直接的で、数字等と違い、

⇒手の線という現実で説明するから!?

手に触れるという直接的な方法なので、

女性は、幸せホルモンを感じるのでしょう。

他の占いは、理解できないという事でしょう。

 

見てもらう方は、感覚的でも、観る方は、

分析的な方が、良く観れます。

 

とは、手相、観相、人相、顔相、

骨相、家相、印相名刺相、色相地相風水)、

声相、ほくろ、髪型、筆跡鑑定などの事をいいます。

どれ現状から判断する方法で

 

原則、先のことを具体的に観るには、適しません。

⇒「手相で観れないこと」

 

占いには、それぞれの鑑定領域があり、

単一は、避けるべきです

広い範囲が観れないので鑑定領域に制約が出ます。

 

体格→顔相→人相→手相声相などは、

一連の関連性があり、生理状態、家族環境、養育歴、

心理、知性、性格、行動が人生に影響します。

生年月日、姓名は、勿論、運命と大いに関係します。

(こういう理解が一般の方は不足しています)

 

同じ手相を見るにしてもすぐに手のしわを見ないで、

まず全体像(観相)から見ます。

顔、服装、持ち物、声、話し方など

これ等を「総合的に判断」するのが理想的な鑑定法です。

総合的ということは鑑定の視点が多いほど良いという事ですが、

巷の占いのような「バラバラ解釈」

「線しか観ない手相」では、意味ありません。

 

単一の方法、一人のみを鑑定するのは、

いかに占法が優れていても限界があります。

専門的な鑑定では、ありません。

相性は、当然2人の鑑定が必要です。

相性でなくとも⇒一人だけでは、

深い真因が観れないことがあります。

その場にいない人は、観れません。

  

「手相で知っておくべき事②」