Aさんの怖い占い体験

私の体験した占いのトラウマ。
2003年7月現在の住まいに入居しました。
その前年と思いますが、占い師に、この部屋はよくないと

言われました。
思ってもいないことでした。
そのころ仕事も忙しく、それまで2回毎年のように

引っ越していたので とても疲れていました。

 

越してから大きな仕事を担当したり、部屋にも

原因不明のカビが生えたり
して、パニックを起こしていました。
2005年2月20日睡眠剤を飲んでリビングの床で

眠ってしまったところ 自分の腕に障害を起こすような

怪我を負いました。
占い師の言った言葉が頭から離れず自分の一生は

怖いとトラウマになって いました。

 

占いは、若い頃、恋愛の占いページとかみて楽しいとか、

ちょっと背中を 押してくれるものと思っていたのが、

怖いと感じていました。
占いで勇気がもてたらうれしいなというのが現在の心境です。
これが私のトラウマのお話です。
こんな話が誰かの役にたつのであればと思います。

悪い時期に入居すると、こういうことになるという実例です。

 

以上は、本人の生年月日、移動時機を詳細に分析すれば、

明確に証明できます。

 

この人は、私のところで、占いを勉強することで、

怖さがなくなったと、言っています。

つまりは、怖さの正体を見極める事ができる様に

なったという事です。