星座占いは当たる? 

神秘性、天文学?、神がかり、宣伝文句が、売り物です。

 

30分で1万円、90分単位というところがあります、

こういう高いところが好きな人もいるものです!

勿論、勧めませんが!

 

星占い(西洋占星術)

太陽が、地球を回っている!という

「天動説」の時代に作られたもので

16世紀に作った古臭い「天体図」で占っています。

ご存知ですか!?

現代は「地動説」の時代です。

その頃は、天文学という学問の形態も整っていなかった時代です。

 

十二宮も適当に割り付けたものです。

当時、天文学者が食えないので日銭稼ぎに作ったものです。

(「運命学の運命」)

 

旧来の「伝統的占星術」では、水星、木星などの

星から見ます。

(「占星術完全ガイド」)

翻訳者に習いましたが、この方法も大同小異

役にたちません。

 

つまり十二宮は、一般大衆向けにわかりやすくしたものです。

大衆は、わかりやすいものに迎合します。

 

米国の金融界で良く売れている高価な星占いの雑誌も、

まったく当たりません。

 

為替の売買をしてる者が、私の証明資料(為替の変動)を

持ち去りました。

資料提供をOKは、しましたが、私との約束は、反故にしました。

人との約束を反故にする個人ディラーは信用できません。

付き合っている相手も同類です。

 

年に関係なく月日だけで観る事は、無理があります

同じ月日の生まれに、有名人と凶悪人がいます。

 

どちらにしても月単位です、星占い以外でもありますが、

この程度で当たる当たらないと論じても意味ありません。

 

雑誌などに書いているものは、占い師でなくライタ-が

創作しているものです。

(下段広告の事例)

 

ライター自身は、占いは、知りません。

占い師は、今日は、どの星座が良いか悪いしか言いません。

ライターは、その情報だけで、

鑑定内容を創作します。

 

その仕事をやっていました、という証人が私の

生徒の中にいました。

しんどいので、辞めたそうです。

 

ラジオなどで、占い選手権などと順位を述べるのは、

良くないことです。

 

今日の星座の順位というのは、話すネタがない

からやってるだけです。

 

新聞、ラジオ、週刊誌などは、星座占いさえ出しておけば、

ネタにできるという無責任な方針」です。

  

それでは、星占いは、なぜ当たるのか?

それは⇒「バ-ナム効果」です。

自分に必要な言葉を捜している人は、

必要な事が書いてあると、

当たったと錯覚します。

 

誰にでもあてはまる事でも自分の事だと思い

期待感と同じであれば、おさら信じます。

 

昔、東京の有名な星占いのWという占い師が、

広島市内に店を開きましたが、

1ヶ月もたたないうちに、すぐに閉鎖しました。

 

星座占いの人が習いたいといって私のところに

来ました「時間がかかるから」と、やいていました。

別にもう1人来ました、事前に、5時間かけるそうです。

挙句に出た結果は「あいまい」といっています。

 

続いて3人、この人たちは、私の講座に来てもすぐやめます。

考える次元が異なるから、すぐには受け入れられないからです。

もう一人、星占いの講師に数秘術を教えようとしましたが

興味を持ちませんでした

 

英国占星学協会会員などは、

英語で申し込んで会費を払えば、なれます

(「占い師入門」)。

 

星占いは、星が雲の上に存在するという程度の

距離観を持っていた時代、

惑星と星座を作る恒星が地上出来事に関係し、

神(星)の影響を受けるという仮説です。

 

恒星とは、太陽と同じように核融合反応によって自分自身で

光り輝いている星のこと。

惑星とは、恒星の周りを周る天体のうち、

自分自身で光っていない天体のこと。

(「性格のパワー」より)

 

太陽や月の影響より

問題にならないくらい影響のない星のことです。

そういう事なのに今月は木星が接近するからどうのこうのと

星占い師は、まともしやかに解説しています。

 

星座と、性格の関係は、心理学者の研究において否定されています。

「占星術―科学か迷信か」ハンス・アイゼンク(ドイツの心理学者)。

 

天動説を使わず現代の天文学で鑑定しているという説もありますが、

の辺の者では出来ないこと、

しかも、その鑑定も現実とは、複合しません。

 

プロの世界で「星占い」を使っている占い師は極小数派です。 

 

星占いを勉強した人の経験談

西洋占星術 糸川英夫先生の本を読んだのが始まりです。
計算が不得意でパソコンソフトでホロスコープを作れるようになってから

1993年頃本格的に始めましたが、今は使っていません。

私レベルでは曖昧で当たらないからです。

なんとでも取れます。

 

正月に新聞にでる、星占い、こんなもので一喜一憂するのは

卒業しましょう。

星占いに心理学をかませたという、「心理占星術」

心理学者のユングを引っ張りだして、権威づけようと

いう魂胆ですが、どこに心理がかませてあるのか明らかに

していません。

大抵の人は、ユングを知りませんから、権威にまかれるでしょう。

ユング自体が古く、科学の体裁が確立されていない時代のもの

(「本当にわかる心理学」)

以下「鬱屈精神科医占いに頼る」より抜粋

星術という占いは、見事に完成し、長い年月を経て、

洗練されてきた方式なのだ。

これにのっとれば、そう間の抜けた結果は出ないのであるまいか、

にもかかわらず、解釈を誤ったり、精度を超えたピンポイントを

占おうとして墓穴を堀りがちな気がする。

 

雑誌や、ネットの星占いがいつも頓珍漢なのに業をにやし、

もしかすると自分の生年月日が間違っているのではないかと、

疑ったたことさえある。

 

例えば、天秤座ではなくて乙女座のほうを見れば当たっている

のではないか、

いやそれよりも、乙女座と天秤座とを足して2で割ったほうが

正確ではないのか、

地動説の象徴「天球図」、地球の周りを太陽が回る、

前時代的天球図を使っている。

 

次は、霊感、霊視、オーラ、水晶占いです。

占いライター募集の広告