素人が書いた九星の偽物本

99%の人間関係は9codeで解決できる

「強運を呼ぶナインコード占い」

という素人が書いた”大ウソの本”が全国書店で1位、

 

世の中、嘘が大手を振って歩いています。

年の変化を書いただけでは強運は来ません。

大雑把な、年の変化が売り物です。

この程度の薄っぺらな内容では、人間関係も

改善できません。

 

1万人のサンプリングをしたと書いていますが、

10人正確に調べるだけで嘘がわかります。

 

悪い易の卦を九星と結びつけて説明しています。

易から学んだと書いていますが、易は8種類、五黄の説明

では引用していません。

 

中身は、九星そのもの、伝統的解釈をそのまま書いているので、

該当する生まれ年は、でたらめ、

著者はS39年生まれ、九星では九紫、

正確には二黒(九星の人にはわかりません)

でも名前がなので(姓名判断の人にも、わかりません)

九紫と信じている。

 

美空ひばりは、九星の年では九紫、しかし月では二黒

正しくは年が二黒で、月は九紫、こういう逆があるので、

偶然当たるという場合があります。

 

松任谷由実を1954年は一白なのに二黒と書いています。

1月生まれなので古い暦では前年度という論理ですが、
本人に会えばわかりますが、二黒のような温厚なタイプではなく
上から目線の横柄なタイプです。
私は直接会っています。

 

本文には、年月日がわかる書いていますが、

この本は、年の事しか書いていません。