電話占い・メール占い

基本的に占いは、直接、相談者と対峙して、占うのが、何倍も鑑定精度をあげられます。

「3か月でプロデビュー」という電話占いもありますが、無理な話です。

占いの真髄は、対面鑑定にあり  

雑誌やネットの占いと対面占いと同類と考えている人が大半ですが、1対1と、その他

大勢向けでは大きく異なります。

(「占い師入門」)

 

※ 心理相談でも、占いでも、「大事な人生の課題」を

電話で相談すること自体、考え方が甘すぎるとは、思いませんか?

 

メールで依頼する人は、対面は恥ずかしい、時間を節約する、直接はいいにくいという

理由だと思いますが、鑑定は、生年月日や、名前で、全体像はわかりますが、情報が

限定されます。さらに決め手となるのは、顔、服装、声、持ち物、しぐさ、話の展開

など、全てを勘案しての総合判断ですので、大差があります。

思わぬ話の展開や、持ち物が決めてとなり、解決の方向性が決まるという事もあります。

 

この前提を抜きにして、電話占いがどうのこうのといっても仕方のないことですが、

潜在的に、問題の解決を望んでいない人は、解決しない方法(言い訳)を求めます、

これが問題を先延ばしする人の心理です。

 

電話占いは30分間8000円位で高いです

占い師に渡るのは1500円です。

 

電話占いの多くは霊視を売りにしています。

どの鑑定師もすごい霊能者のようにプロフィールで表現されていますが、

これは鑑定会社側が作ったワンパターンのものです。

イメージ作りがうまいのでつい誘導されそうになります。

どこの鑑定会社にも共通していますがいかに霊感に需要があるかの表れです。

対面鑑定でも、霊感やカードが中心の場合は同じです。

(余談ですが宣伝が下手HPも下手、占い師のプロモーションもしない、大手の鑑定

会社もあります)

実際例:病的と言ってしまえば、それまでですが相手の気持ちが知りたいという相談が

多く、そういう者に限って無茶な質問をしてきます、(不倫相手が離婚するかどうか

何人もの男性を挙げて、それぞれが、自分をどう思ってるかなど、)

要は、霊視霊感万能の勘違いから自分に都合の良い未来を予言してほしいという自分勝手

な思惑で占いを利用しようと思う者が多いのが現実です。

サービス提供側が、式神を使うだの白魔術でお客の意識に入り込むなどと、罪作りな

文言を並べているのも原因です。

霊感占い

 

 次は従来の姓名判断の問題点