ストレス耐性を鍛える

上下にゆれる飛行機の中で鼻血を出している、幼い歌舞伎の

中村勘九郎に対して、母親が大丈夫だから勉強を続けなさいと、

勉強を強要した事があったそうです、(徹子の部屋)。

「ストレス耐性」という言葉があります、ストレスに対する対応力です。

 

私の経験では、例えば、医者の誤診で1週間、もがき苦しむような経験を

してみれば、こんなことなら乗り切れるという自信がつきます。
これを乗り切ったことで別に腹も立ちません、貴重な経験だったので。

1日10時間も見知らぬ人々(言葉の通じない外人)の中心にいて

視線を浴び続けて何か自分の責任を果たさなければならないという様な

場面を1週間、毎月経験しても、乗り切ってみれば、平気になります。

 

ストレスを避けてばかりいないで、ストレス耐性を身に着ける挑戦を

していく事で、自分の中の未知の潜在能力、可能性に気づくでしょう。

 

二ートは、朝遅く起きて1ヶ月間人に会うこともなく、何がしたいか、

するべきかの自己判断もできず、あれが嫌、これも嫌と言う、怠惰な

生活が保障されています。
誰の責任でしょうか?

 

若者が、上司に仕事のことを聞かれ、普通に答えたが、上司に心配かけた

と過大に考え、上司に心配をかけたと気にして飛び降り自殺した(TV)

幸い一命を取り留めたが、心がやわすぎる、温室育ちで心の根がしっかり

していない。
 

こんなことで自殺してたのでは、幾つ命があっても助からない。
心を風雨にさらして全天候型に耐えられるように鍛えなければならない。
ゆとり教育を受けた「ゆとり世代」は、特別扱いをしないと貧弱だと

いうことのようです。

 

軍隊では朝から晩まで殴られる生活ですが、慣れると、ひ弱な男でも

強くなれるそうです。(やなせ たかし)