2017年後半の運気

半年過ぎて、落ち込んでいる人。

ネガティブのスパイラルに落ち込んでも、

救いは、ありません。

プラスの要素に目をつむっている間は、

救われません。

⇒「運が悪いと思ったら読むページ」

「レジリエンス」

⇒「運の開き方ブログ」

⇒「心の休憩室」を読んで見ましょう。

 

今年の干支、「酉」は{糸酋}(しゅう:「ちぢむ」の意味)で、

果実が成熟の 極限に達した状態を表しているとされます。
要約しますと、目標を失い、うろうろしてる間に終わる年です

という意味になります。


今年は、水が流れていくような落ち着きのない

流動的な年になります。
あれよ、あれよという間に過ぎ去っていきます。
大事な事は、日頃手つかずで放置したままの基礎、

基盤、地盤になるような事柄を見直し、

整備する時です。

 

しかし、それさえままならず、過ぎ去っていく可能性の

強い年です。
そして、そのツケが次の年にやってきます、留意すべきは、

年の初めに、 意志を固め、即、取り掛かることです。
人間というものは、ちょっとした心理的プレッシャーがあると、
優先順位大でも、楽な方に、楽しい方に、慣れた方向に進み、
大事なことを後回しにしがちです。

 

もう片方では、人間はネガティブな方向にぶれやすい、

運が悪いと思っている人は、悪い面ばかり拾って、

運の悪さを証明しようと思っています。


ここでの決断ができるか否か、自分自身の方向付けができるかどうかが
運命の分かれ道になります。

「窮すれば変ず、変すれば開かれる」

 

博報堂の統計では、女性の14%近くが仕事を辞めたいと

いっています。移動の多い年です。

日頃、人材不足といいながら、従業員を大事にしない会社

典型的なのは、電通でしょう。

そういう会社は、従業員確保に苦労します。

 今年は、

渡辺和子の名言、

「花を咲かせない時は、静かに根を下ろしなさい」

という年です。

 

女性の好きな手相では、今年全体運は観ることができません。

  

 一度に、全部は、書けませんが、

九星の見方とは違います!⇒役に立ちません。

今年、壁にぶつかるのは、

昭和9年、18年、27年、36年、45年、54年、63年

H9年、18年生まれです。

来年も、運気に恵まれません。

といっても、悲観することはありません、もともと、こんなことを

気にするタイプでもありません。

 

H31年、32年の飛躍の年に向けて、準備の年です。

の年生まれでは、ないですが、ロシアのプーチィン、

は、2年間、行き詰まります。

アメリカのトランプ次期大統領、彼の政策は、荒れるでしょう。

 

昭和7年、16年、25年、34年、43年、52年、61年、

H7年、16年生まれは、来年飛躍に向けての同じく準備の時です。

次の年にチャンスが来てもあわてないように。

目標は高く、意識は足もとをしっかり固めて、望みを捨てないように。