うつの症状と対策

ストレスを抱え込む、過去のつらい経験を思い出す。

考えすぎで脳の中の神経細胞の炎症を起こし、 神経伝達物質が減少する結果、

 

1不眠症状、寝すぎ、朝早く目が覚めて寝られない。

2疲れやすい、ぐったりとした疲労感

3何もしたくない、気力の低下

4朝の頭痛

5景色が灰色に見える

6本、新聞、テレビを見たくない

7悲しくなったり、「死にたい」と思う

8動作や話し方が鈍くなる。 

9家事や、仕事ができない、考えがまとまらなく集中できない。

10ダメなことばかり考えて、発想の転換ができない。

11食事がおいしくない、食欲もない。または過食。

12好きなことさえやりたくない。

 

本を読む気がしないなら本も勧められません!

とりあえず、自分の好きな事をして束縛から解放しましょう。

しかし、好きなことさえ興味を失ってる状態です。

栄養を考えるより、まずは、食べたいものをたべる。

「こうあるべき」の考えから放たれる。

まずはこれが先でしょう。

例:ウツの人で太ってもいないのに太っているからといってジョギングをしています。

こういう風に「あるべき論」で、自分を苦しめない様に自分を解放す事です。

医者の助けも借りる。

自分で自分を責めないようにしましょう。

硬直化した自分から解放すること。

「かたくなな、自分を辞める」

「好き嫌いの感情を優先する」

「せっかちに解決しようとしない」

エゴグラム」ではFCが低くACが高い人

 

人生の楽しみ方を知らない人、運勢的に楽しめる運を持ちながら生かすことが出来ない人もいます。

その原因は、鑑定すればすぐわかります。

 

中国では、うつ”が2,400万人。

自殺は80万人、目標は大きく、自分が小さく見えるという。 

社会の風潮に合わせ、他人と比較するとこうなります。
うつの現象は、思い続ける事により、

右脳が興奮、論理的な判断をする、左脳が衰弱するのが原因です。 

逆に幸福感を感じるのは、左脳優位の時だという研究結果が報告されています。

祈るとき両手を合わせるのは左脳と、右脳のバランスを取ることに効果があります。
思いつめたり、悩んだりする時間を作らないこと、行動すること、太鼓を叩くなどリズム遊びをすることです。

日本では唯一血液検査でわかる:東京都南区青山2-26-35 青山KKビル7F

川村総合病院(無料)03-3478-1146

 

 

ウツになりやすいタイプと、「ウツになる時期、時間帯わかります。

医者ではわかりません。⇒ご相談ください。メール鑑定でも可、

  

相談者の感想文でも読んで見てください、解決策はあります。

他にも詳しい資料は、ありますが、とりあえず!

 

 

ウツを直す研究

 

信頼できる心理学種が書いた本です。

是非一読を!

うつ病は田んぼ理論で治る。

      ウツ抜け