タロットの講座の実態は!有名講師ですが中身は、こんなものです。

ある講座の中身は?

マスコミ系が主催の講座で

 

タロット大全の翻訳者に、タロットの歴史的解釈を

習いました。

さて講座内容、毎回の講座内容は、全部説明しますと

いうことでしたが、内容の説明は、時間的に省略、

結局1枚のカードの説明に30分、

(約束不履行で、次の講座に引き伸ばし)

講座の最終回は、参加者が半減。

 

事例は、毎回、誰でも思いつくような内容で、

ほどんどネタは同じ、

でも、まじめな婦女性は本を買ったりしていました。

(物事に疑問を持たない人は占い師には不向きです)

鑑定経験が豊富なら、事例はたくさんあるはず!

結局、分かったことは、翻訳者であって、

占い師ではないという事、

時期など見ないこと(見れないということ)何回も強調

もちろんです、よくわかっています。

 

鑑定体験は、1例のみ。

誰でも考え付くような、

「つまらない、ありきたりの事例」ばかり、

参加者は半減、わかったのは、

翻訳者であって鑑定者ではないこと。

本人が何度となく強調したのは、

「予言するな!」という事、

裏返せば、「予測はできない」という事、当然です。

相談者に自分で考えさせよ!と、本質は正しいですが、

それなら相談には来ません。

 

そこに気づかせるのが鑑定者の役割、

この点は、カウンセリング経験がないとわかりません。

大アルカナは、18枚のみ、通常より4枚抜かします、

他は、関係ないという。

こういう点は翻訳者ならではの見解。

 

なぜか?数の数秘的意味(タロット大全)です。

小アルカナは付録のようなものだといって言って説明なしです。

資料は1ページもなし、見本のカードすら1枚も持ってこない。

やはり、翻訳者であって、指導者、鑑定者ではないという事です。

こういう内容ですが、講座の主催者は、

われ関せず!顧問が○○だからです。

テレビばかり見ています。

------------------------

「問題のタロット講座」

タロットの学び方、考え方

本当のプロが教える時は、1枚づつからは教えません。

カードには系列があり、実際は使わないカードもあります。