②従来の姓名判断の問題

★「古典の姓名判断」には、大きな矛盾があり、

有名人と、犯罪者が同じ画数というのも珍しくありません。

松下幸之助、田中角栄と、殺人犯の福田和子の総画数が同画数

古典姓名判断の問題は、固定的で、時系列変化が観れない

事です。

参照「数霊の四次元」)

 

オ-ム真理教の麻原彰晃、

総運=45画、姓名判断上の類まれな吉名です。

しかし、死刑囚、平沢貞通も同じ。

 

殺人犯:宅間 守   総運=24画・繁栄数、温和で素直、

人望厚く円満で裕福な生活。

殺人犯:永山 則夫  総運=21画・大成数、他人の為に

誠実を尽し、人に好かれる。

 

テレビで特集した2人の死刑囚、従来の姓名判断では、、、、、、

戦後最初の女子死刑囚、「小林カウ」の場合。

凶を吉に変える作用を持った数です。
人の面倒見がよいので人望を集め指導者として大業を成しとげ、

おおいに繁栄しま

 

悪魔の申し子といわれた5人殺害)死刑囚「西口彰」の場合。

たとえ不幸な境遇に育ったとしても,一代で地位、財産を

築き上げるという偉大な隆盛運を持つ数です。

指導者としての資質を持ち、正義感もおおいにある。

 

★相模原殺傷事件(19人殺害)の犯人
植 松 聖
12 8 13
総運は33これは、非常に強い勢いを持つ‘天下取り’

いわれる数です。
すぐれた知力と強烈なプライドの持ち主で,人の下につくことは

できません。

 

★白石隆浩(9人殺害)

性格について,感受性が豊かで,つねに相手の身になってものごとを

考えるため,人には好かれるのですが,自分自身のことはなおざりになって

しまいます。

気配りもほどほどにする必要があります。
外運による職業運について、おちついていて安定感があり,つねに相手を

安心させて

信頼を受ける仕事が向いています。適した職業は,医師,占い師,

カウンセラー,看護師,教師,公証人,コンサルタント,宗教家,

福祉施設職員,弁護士,保育士などです。

 

従来の姓名判断では、こういう間違いは、珍しくありません。

 

※いくらよい画数であっても、

生年月日との相性が悪いと意味ありません。

従来の姓名判断は、こういう考え方がなく

「字画中心」です。

 

その人にとって良い画数か否かは、生年月日で

決まります。

100%近い確率で当たります。

従来の姓名判断では30%くらいです。

 

字画は、旧字画が正しいか?

新字画が正しいか? 理論の分かれるところです。

 

辻井 伸行(ピアノ)○旧字:総格=26:英雄数。

 ×新字:総格=22:中断数。 

石川 遼   (ゴルフ) ○新字:総格=23:隆盛数。

×旧字:総格=27:挫折数。

 

将棋の藤井聡太4段、従来の姓名判断では、悪いと出ます。

なぜ勝てるのか、時は扱っていませんので、説明はつきません。

彼の持っている名前と生年月日と今の時期、この3つの要素を

比較して、初めて今は、強いと分かります。

この3つの内、一つだけでは、証明できません。

これが「役に立つ姓名判断」の条件です。

 

姓名判断に限らず、伝統的な占いは、現実と比較して

証明するという「実証」を一切やりません。

彼らの逃げ口上は「統計です」という言い訳のみです。

 

「統計数理姓名学」という手法を提唱してる者がいますが

中身は、従来の姓名判断です。この提唱者に命名されたという

人がいます、本人は気付いていませんが悪名です。

 

有名な、⇒「熊崎式姓名判断」

熊崎氏が姓名判断の理論を

開発したのではなく、明治時代に活躍 した易者「林文嶺」と、

言語学者「永杜鷹堂」が、理論化したものです。

熊崎氏の高弟は、熊崎式の運命判断には、

「決め手がない」として、辞めています。

「新しい姓名判断」

 

熊崎式姓名判断の後継者も、

★「決め手になる画数はない」と、

公言しています。

「熊崎式姓名判断」は、漢学が得意な新聞記者が

創設したものですが、

日本独特の国字は、約5千文字あり、中国が逆輸入した

文字もあります。

つまりは、漢学を中心とした字矛盾があるということです。

「熊崎式姓名判断」は、字画と五行の判断をします。

五行とはどんなものか参照してください。

この方式に対し、異議をブログで長年展開してる人がいます。

 

でも、権威を信じる人には、合理性は、通じません。

自分で判断できないからです。

 「権威は疑え」(心理学、仏教、哲学)

伝統を踏襲する人は、検証をしません、何も疑うことなく、

盲目的に、信じて、他人様の鑑定をしています。

解説は、本に書いてあることを並べるのみです。

名前という大事な決定にそういう、不確かなことで

決定することは、非常に危険です。

 

講座で免状を手にしたからと言って、一人前ではありません、

権威に依存する者は、時代についていけません。

変化を好まない性格だからです。 

 

桑野燿齊:「桑野式姓名判断」で有名な、

元日本一の姓名判断師、

3回改名したが、交通事故、離婚、心臓病で亡くなっています

 

桑野式はあたるか

桑野式姓名判断

 5万円のところもあるようです。

  

★子供の名前の画数を3人とも同じ27画にして

(凡人が持てば災いを招く画数)、

3人同時に亡くし不幸な博多湾の事件や、姓名判断に凝って、

倒産、病気を招いた俳優もいます。

 

★忠告を聞かず、素人判断で、本に書いてある、画数を選び、

わざわざ良い画数を選ぶチャンスを逃がし、悪い名前を

つけた母親もいます。

王切開だから出産日に間違いはないと言い切りましたが、

実際は、1日早く生まれました。

 

★命名直前で、家族の横槍が入り、チャンスを逃した例は

たくさんあります。

 

★嫁に行った娘の母親は、占い師なのに、嫁ぎ先の姑が

姓名判断のところを駆けずり回り、相談もなく孫に名されたという

話もあります。

 

補足説明は、⇒こちら(占い本の読み方)

姓名判断を知らなくても、ごく自然に 命名した人の

影響が名前に現れます。

 

※再度!親が子供に与えられる最大の財産は、

「幼児期の愛情と名前」です。

 

命名事例:⇒ハワイの赤ちゃんの写真入

命名事例:⇒高齢出産の事例

(家族運が悪く、赤ちゃんの生命力(命名)でカバーしました。

上記のハワイの場合も同じです)

失敗する名前

 

これらの姓名判断の矛盾を解決するには、

生年月日と字画の関係

「数理姓名学」が大事です。

 

「数理姓名学」を使えば、

(画数を間違わなければ)

確率100%近くになります。

(検索で出てくる手法とは、関係ありません)。  

統計数理姓名学は、中身は、古典的な姓名判断です。

統計学は占いができたころは、ありませんでしたので統計という

名称を使うのは誤りです。

 

本物の「数理姓名学」は年月日と字画の関係を観る方法で、

命名時期が悪かったり、生年月日との相性が悪いと命に関係があります。

字画は、その人にとってのみの吉凶であり、一律にこの字画が良い悪いという

考え方はしません。

 

悪い時期に悪い名前を改名して短命に終わった野球選手がいます(HP参照)

一文字づつ良い悪いという見方をすると実際の命名はできません。

 

※改名だけでは人の様々な悩みには応えられません。