名前と命の関係

生命運(寿命)について話すと、元気そうだからという人がいますが。
今、元気ということは、寿命が長いということではありません。

生まれて、命名した時点で、「生命運」は、わかります。

私の知っている一般人の例では、21歳、26歳という

実例もあります。

手相で、120歳と、でたらめを言われた人もいます。

 

生命運の短い例: 生年月日と名前を見れば推測できます。

 

⇒講座では教材にしています。

 

松野莉奈、18歳で急死。

 

小林麻央 34歳、乳がん。

(事前にわかります!)

 

「さくらももこ」53歳、乳がん。

(実名が凶数です)

 

金子哲雄、41才で死亡。

なくなったスポーツ界の人の例を挙げると。

 

元巨人コーチの木村拓也さんに突然死の前兆?

妻が後悔語る37歳誕生日の直前!

(倒れた日の必然性も証明できます)

 

西部ライオンズの森慎二コーチ多臓器不全で42歳で

亡くなっています。

残念ですが、私の分類の2と3のタイプの短命運です。

名前でカバーできました

 

貴ノ浪43歳。

 

プロ野球、盛田幸妃45歳。

 

盛田幸妃は、自主トレ中に右ひざ靭帯を損傷し、

22試合出場に終わる。

元々、名前が悪いのに最悪の時期に悪い名前に改名。
1994年に登録名を「盛田 幸妃」から「盛田 幸希」に変更。

生年月日は、変えられませんが、名前は良い名前を

選ぶことができます。

 

ただし、従来の姓名判断では、生年月日との関係は、

観れません。

当たる確率も30%程度です。

 

何故、有名人が悪い名前の改名するのでしょう?

まともな占い師を知らないからです。

 

あと1画増やせば、という場合もありますが、

なぜ、こんな悪い名前をわざわざ選んだのという場合も

あります。

 

イチローだって三振をする日もあります。

運命を研究していると至極当然の事と、理解できます。

名前は、字画を見れば、その場で、性格やその年の運命を

瞬間、知ることもできます、

これも、従来の姓名判断では、できません。

 

わかるのは、本物の「数理姓名学」です。

 

⇒「改名上の苦労」