命名上の苦労

改名で提案した場合に、問題なのは、

一番良い名前を選んでもらえないことです。

 

大抵は2番手か、3番手、4番手、理由は、

親の呼び方、文字に対する好み、

その好みには、親の思い入れ、好みが入っています。

という事は、子供は、その結果、

「親の思い入れに添った生き方」

求められるという事です。

 

親の好みの命名=悪い字画を選択

 

これは、字画にとどまらず、後の育て方に無意識に

間違いなく、反映されます。

 

つまりは、子供は、親が決めた「鋳型」にはめられる。

という事です。

 

その結果、子供は、大変な苦労をします。

 

これは、大きな問題で、例えば、ゴッホは、死んだ兄貴と同じ

名前を付けられ、生まれた時は、すでに同じ名前の墓が

作られており、最後は、ピストル自殺をしました。

つまりは、生まれた時点で、兄貴の代役として生きろという

⇒人生脚本を与えられていたという事です。

 

この「人生脚本」で如何に苦労を強いられるか!

実例を勉強すればするほど、その影響の強さを

実感しています。

 

子供の運命は、名前という形と、成育という実際面で、

子供に強いることになります。

 

ダイアナの場合は、男の子がほしかったと、暗に親から

言われて育った、つまりは、女として生きてはいけないという

事です。これを⇒「禁止令」といいます。

 

 

命名する立場は、子供さんの為に瀬戸際まで頑張ります。

それで、ギリギリのところでOKをいただいています。

ですが、予定の数倍の時間を要する場合もあります。

 

⇒「命名に対する注意点」